2019年02月17日 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ミコアイサ軍団、この日が見納め  

     平成31年2月2日撮影。
     自宅からほど近い農業用溜池にトモエガモは数え切れないくらい、そしてミコアイサもオスが10羽ほど、メスも同数位と、更にはアメリカヒドリが2羽。昨年は1年の内、8ヶ月間もコウノトリ撮影と忙しい年で、今年は春にコウノトリがやって来るまでミコアイサで忙しく過ごすことになると、この日までは思っておりました。まだ、アメリカヒドリやトモエガモはいますがミコアイサ軍団のいない溜池は面白味がありません。

     追い込み漁にやって来たミコアイサ軍団。オスメス精鋭たちの混成チームです。
    CF1A7895 20190202

     漁港などではオス1羽が関の山。ここでは数多くのミコアイサがごく普通でした。
    CF1A7884 20190202

     多くのギャラリーを魅了したミコアイサ。最盛期には地元の私でさえも大砲の林立で寄り付けないほどでした。
    CF1A7861 20190202

     メスもオスに負けじと漁場にやって来ています。
    CF1A7864 20190202

     この様な浅瀬に追い込んだブルーギル、フナがミコアイサのターゲット。しかし、ミコアイサをターゲットにした多くのギャラリーには本来警戒心の強いミコアイサの答えは「ノー」だったようです。
    CF1A7834 20190202

    ▲Page top