2019年09月 - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    カイツブリのヒナ、あと1羽 長浜市にて  

     令和元年8月20日撮影。
     生憎の雨降りでしたが、湖岸方面に出向いたついでにカイツブリの親子を覗いてみました。ヒナの成長は早く、もう居ないかなと思っていましたが1羽だけまだ親鳥から餌を貰っていました。既に他の兄弟達は巣離れしていましたので、良かったと思う反面残念という気持ちもありました。

     餌探しで忙しい親鳥。
    CF1A2874 20190820

     随分大きくなっていたヒナ。可愛さは感じられなくなっていますが、あどけなさがあります。
    CF1A2889 20190820

     親鳥は小魚をヒナのために捕まえています。
    CF1A2908 20190820

     今度はカワエビを銜えてヒナに与えようとしています。
    CF1A2941 20190820

     エビを貰おうと磁石のようにくっついてくるヒナ。これ位の大きさのヒナは潜水もお手のもので餌捕りも出来るはず。
    CF1A2953 20190820

     ヒナも調子にのって餌のおねだりをすると、親鳥は急変。親鳥が巣立ちをうながすため、ヒナを追っかけます。爆速で追いかけますのでピントを合わすことが出来ませんでした。
    CF1A3023 20190820

     琵琶湖のハスの葉には雨ため、水滴が美しく輝きながら乗っていました。
    CF1A2864 20190820

    夏の花 自宅の庭にて  

     令和元年8月19日撮影。
     コウノトリが見当たらないときもありますが、その時は川で他の被写体を撮ったり、自宅でゆっくりと植物や昆虫などの撮影をすることが多いです。コウノトリの撮影も難しいですが、植物など動かないものも撮影となれば難しいものです。野鳥よりピント合わせが難しいように感じます。構図とか、撮影時間など考え出したらキリがないと分かっていても、余り考えずにパチリパチリと写しています。

     ナツズイセン。知らぬうちに咲いていることが多く、発見の喜びが味わえます。
    IMG_3192 20190819

     ホトトギスの「江戸の華」。台湾ホトトギスの仲間でしょうか、この花の色がお気に入りです。
    IMG_3178 20190819

     青じその葉に留まっていたヒメウラナミジャノメ。マクロレンズで近付くスリルが何とも言えません。
    IMG_3199 20190819

     ブルーベリー。花が咲き、実がなり、実が熟すのが楽しみ。
    IMG_3200 20190819

     ブルーベリーのそばに咲いていたヒルガオ。雑草ですので見付ければ抜いていますが、それでも生き残ったヒルガオ。
    IMG_3206 20190819

     ギボウシ。3種類ある中で一番遅く咲きます。
    IMG_3223 20190819

     勝手に生える千日紅。よく見掛ける花ですが、自宅では毎年勝手ばえが若干育っています。見付けたら大切に育てます。
    IMG_3233 20190819

     八重のハスはたくさん咲きますが、一重のハスは最近はなかなか咲いてくれません。昨年は0。今年はやっと1輪咲きました。
    IMG_3254 20190819

     ムベの実。今年はたくさんの実を付けました。アケビより甘みは強くて美味しいです。
    IMG_3255 20190819

     これは自宅の近くに咲いているイチビという帰化植物。黄色い花の横が果実。この不思議な形はドライフラワーにも良いかも知れません。フワフワの毛が生えており、種子は素敵な揺りかごの中で育っています。周りには鋭いトゲもあります。大切な種子を鳥たちなどから守っているようです。
    IMG_3269 20190819

    アオサギは漁の名人 長浜市にて  

     令和元年8月19日撮影。
     アオサギを撮るのが目的ではなく、堰の所でコアユがどんどん遡上する様子を観察していると、アオサギがとても上手にコアユを連続ゲットしているのを見ていて、ついつい引き込まれてその様子を撮ってみました。アオサギは単にむ遡上してくるコアユを手当たり次第に捕っているのではなく、かなり頭脳的に漁をしているように思えました。

     アオサギの足で、流れが変わりコアユが遡上しやすくなっていると思うくらい、アオサギの正面にコアユが捕って下さいとばかりに跳ね上がってきます。そこをパクリとするのが狙いのようです。
    CF1A2573 20190819

     獲物を虎視眈々と狙うアオサギ。
    CF1A2533 20190819

     獲物が飛び上がってくるのを気長に虎視眈々と待ち続けます。
    CF1A2531 20190819

     大抵は逃がすことなく瞬間的にパクり。気が付けば銜えているといった感じです。
    CF1A2540 20190819

     魚を捕ったときは満足そうな様子に見えます。
    CF1A2552 20190819

     この様に食べるものがたくさんのアオサギは幸せですね。人間でもこの様な場所で魚捕りをしたくなります。
    CF1A2570 20190819

     令和元年8月16日撮影。
     この日は田んぼでコウノトリ2羽(J0161&J0167)が仲良くバッタ捕りをしていました。コウノトリが動くとバッタが飛ぶので、それを追いかけるため忙しく歩き回っていました。畦の草も伸びているため足環を撮ることが出来る位置に来るのを待っていましたが、来るかと思えばかえって遠くへ行ったりでしたが、やっと何とか足環が撮れる位置にやって来ました。私はどちらが誰だか分かっていても、キチッとした記録をとるためには足環の確認は不可欠です。過去に何回か確認できないことがありましたが、疲れだけが残ってしまいます。

     手前がJ0167で向こうがJ0161です。生まれもほぼ同じで昨年もこの地で2羽は出会っています。幼なじみで、気が合うようです。
    CF1A1591 20190816

     向こう側のJ0161はオスでメスのJ0167よりかなり大きいようです。
    CF1A1596 20190816

     飛んでいるバッタをパクりとする直前のJ0161。
    CF1A1608 20190816

     やっと足環が撮れました。J0161です。
    CF1A1847 20190816

     コウノトリは動物食で、昆虫、両生類、爬虫類、魚類、貝など大抵のものは食べています。この地ではドジョウ、カエル、ザリガニが覆いようです。
    CF1A1865 20190816

     コウノトリは自然豊かな所でないと過ごすことが出来ません。コウノトリが素晴らしい自然であることを教えてくれます。
    CF1A1891-1 20190816
     令和元年8月13日撮影。
     連日川に出勤のJ0167。あれだけアツアツでJ0178と楽しく過ごしていたのに、ただ今ひとりぼっち。きっと仲間達を連れて大挙して帰ってくると私も思っていましたが、どうも様子がおかしいと思うこの頃。そのJ0178は郷公園の西公開ゲージで食事の時間に魚を貰っているようです。折角、湖北の地で楽園を気付こうとしていたコウノトリが、単に食事が簡単に食べさせて貰えるということで、巣塔も、大切な相棒も顧みなくなるのは寂しい限りです。私の思い過ごしであれば良いのですが・・・。

     川のそばの電柱に留まっていたJ0167。一生懸命J0178を呼んでいるように見えます。今になって、この画像を見ると一抹の悲しささえおぼえます。
    CF1A1242 20190813

     何もすることがないので、羽繕いでもと思えてしまいます。
    CF1A1259 20190813

     きっと相棒が帰ってくることを固く信じているように思えてなりません。一日が長く感じられるかも知れませんね。
    CF1A1266 20190813

     見た目には普段通り明るい表情のJ0167。
    CF1A1345 20190813

     時々カラスがちょっかいを出して相手をしてくれます。
    CF1A1370 20190813

     そばの電線にカラスが留まっているので、臨戦態勢のJ0167。
    CF1A1411 20190813

     時間の都合もあるのでJ0167が魚捕りをしていた場所を覗いてみると、代わりにアオサギが嘔吐きそうな大物をのみ込もうとしていました。
    CF1A1450 20190813

    コウノトリ(J0167)、魚捕りが上手 長浜市にて  

     令和元年8月12日撮影。
     コウノトリ(J0167)が連日川に精勤です。相棒のJ0178は何処かに行ってしまったし、お気に入りの巣塔は守らなければならないし、川に行けばサギたちも大勢で魚も食べ放題で気が紛れるのかも知れません。北海道までの長距離を一緒に旅をした2羽の離ればなれは想像もしませんでした。今にして思えば、J0178が他のコウノトリと一緒にいるところが度々見られたのも原因かも。

     大きな魚をゲットしたJ0167。
    CF1A0168 20190812

     魚はとても豊富。周りのサギたちと取り合いになることも見掛けません。好きなだけどうぞ、といった感じ。
    CF1A0172 20190812

     食べたら落ち着くようで、私たちと同じようです。
    CF1A0266 20190812

     食後の運動でしょうか、飛び立って別の場所へ。
    CF1A0855 20190812

     一休みする所はここのようです。コウノトリ1羽がいるだけで、川は華やかな感じとなるように思われます。
    CF1A9975 20190812

    迷鳥、セグロアジサシ2羽 その2 長浜市にて  

     令和元年9月23日撮影。
     その1からの続きです。とにかくこの鳥を見たときは正直ビックリでした。翼長1㍍位のアジサシに良く似た大きな鳥が2羽も急に現れたものですから、私の思考回路は「???」。ただ、頭の真空管はこれはただ事で無いという信号を送ってくれましたので、それに応えるべく兎に角特徴を撮るように撮影に専念しました。このセグロアジサシの飛翔スピードは速く、ついて行けないので数打ちゃ当たる式の連写でした。何とか特徴は写せたと思っています。

     頭部、翼の様子はセグロアジサシの特徴を写しとめられました。夏羽の個体のようです。
    CF1A9227 20190923 2

     背中の様子も撮れました。
    CF1A9231 20190923 2

     幼鳥は白斑がありますので、幼鳥の特徴も撮れました。
    CF1A9290 20190923 2

     少し目が写っています。逆光状態で目は無理と思いつつの連写の一コマ。
    CF1A9331 20190923 2

     水面近くも飛ぶ幼鳥と思われるセグロアジサシ。水鳥とはいえ、南方の海が生活の場ですからこの程度の琵琶湖の荒れは何とも無いかも知れませんね。
    CF1A9360 20190923 2

     遠く高いところを飛んでいるところもパチリ。琵琶湖のセグロアジサシの貴重な記録データとなるよう撮れる範囲で頑張ってみました。
    CF1A9382 20190923-1 2

    迷鳥、セグロアジサシ2羽 その1 長浜市にて  

     令和元年9月23日撮影。
     台風17号。長浜市では夜中に風がうるさい程度で特に被害も無く過ぎ去りました。起床して雨も降っていないので、台風の影響で珍しい鳥が飛来しているかも知れないので湖岸へ出向きました。風はやや強く、琵琶湖は波高しでした。いつも通り、メダイチドリ、トウネン、キアシシギなどの登場で退屈無く午前が終わろうとしたとき、アジサシに似ていますがかなり大きい2羽が飛来。大きいし、スピードも速く600㍉で追うのも困難を極めましたが何とか写しとめることが出来ました。
     今までに見たこともないこの鳥は「日本の鳥550水辺の鳥」増補改訂版で調べると、322ページのセグロアジサシと一致しました。小笠原群島などの南方の鳥で、台風17号に乗って琵琶湖まで飛来したようです。希にしか飛来しない鳥で、確認例もごく僅かと思われますので、何回かに分けて掲載させて頂きます。

     台風17号の影響で荒れる湖上を飛ぶセグロアジサシ。
    CF1A9163 20190923

     もう1羽が狩りの体勢。高くから一直線に湖面を目指します。
    CF1A9157 20190923

     上のセグロアジサシが魚を銜えており、それを横取り、または貰おうとしている黒っぽい幼鳥と思われるセグロアジサシ。
    CF1A9109 20190923

     魚を銜えたまま、確認できない程の遠くへ飛去。何処で食べたのでしょうか。
    CF1A9110 20190923

     時間を空けて何回か飛来したので、撮りにくい遠方でしたがラッキーでした。ユリカモメと飛ぶセグロアジサシ。
    CF1A9141 20190923

     黒っぽいのは幼鳥のようです。白と黒が飛来しましたので最初は訳が分かりませんでした。
    CF1A9065 20190923
     
     見たこともない鳥でしたので、逆光にも負けずにとにかく連写。画像の大量生産となっています。
    CF1A9068 20190923

     数多く撮影することで、特徴も的確に捉えられるともてる撮影技術を使い果たした感じでした。足元に、メダイチドリやトウネンが初めから撤退するまでいてくれましたので撮れたようなものです。続きは明日に続きます。
    CF1A9209 20190923

    アオアシシギ、もう秋の渡りですか 長浜市にて  

     令和元年8月12日撮影。
     コウノトリJ0167を観察して少し下流に行くと、シギの姿。まだ猛暑真っ盛りのときにもう渡り?という感じで初めは信じられないくらいでした。暑い暑いと言っているのは日本だけかも知れませんし、地球規模の気候からすると渡りをする時期に差し掛かっているかも。動物の方が自然には敏感でシギの対内時計が渡りのゴーサインを出したのかも知れませんね。

     アオアシシギ?コサギに比べてもかなり小さいのでコアオアシシギかもと思いましたが、クチバシが少し上に反っていますのでアオアシシギと思われます。姿から幼鳥のようです。
    CF1A0719 20190812

     この川は川幅が野鳥撮影にとってはキツいくらい広く、1.4倍TCを使用しての撮影です。
    CF1A0735 20190812

     5月に春の渡りを撮影してそんなに期間は経っていません。渡り鳥は忙しい鳥なのですね。
    CF1A0759 20190812

     中継地の湖北で体力を回復して、無事に目的地に到着して欲しいと思いますが、南は日本よりもっと暑いと思いますが、大丈夫かな?
    CF1A0766 20190812

     この画像で見る限りはクチバシは真っ直ぐのようです。アオアシシギとコアオアシシギの2羽が並ばない限り判定は難しいようです。
    CF1A0777 20190812

     この日が渡りの始まりとして、以後川や湖岸を観察する度に注意深く観察するようにしています。掲載日現在までにかなりの渡りの観察、冬鳥の飛来を観察撮影しています。
    CF1A0793 20190812
     令和元年8月11日撮影。
     この日のJ0167は川で魚捕りに夢中でした。普段の湖北の川は魚が豊富で、日照り続きの関係で水位も低く、魚は食べ放題、捕り放題できるくらい辺り一面魚だらけです。橋の上から川を見ると夥しい魚の群れが確認できます。コウノトリの足元は魚がいっぱいで、忙しく魚を追い回して大きな魚をゲットする様子を撮ってみました。

     川ではあちらこちらで魚が跳ねています。どれに的を絞ろうか迷っている様子。
    CF1A9326 20190811

     辺りの様子を注意深く窺うJ0167。
    CF1A9362 20190811

     獲物を見付けると徹底的に追います。
    CF1A9442 20190811

     魚も必死で逃れようと逃げ回ります。
    CF1A9446 201980811

     コウノトリは飛んで獲物を追うので、魚も逃れるのは大変。
    CF1A9448 20190811

     ついに大物をゲット!
    CF1A9637 20190811

     良かったね。こちらまで嬉しくなります。
    CF1A9662 20190811

     上手にパクり。ごちそうさまでした。
    CF1A9672 20190811

    電柱のコウノトリ(J0167) 長浜市にて  

     令和年元月8日10撮影。
     この日の気温は35℃。うだるような暑さに閉口しつつコウノトリ観察へ。コウノトリはこの暑さから川の中と思って走行していると岸添いの電柱にコウノトリの姿を確認。十分に魚を食べて寛いでいるようでした。コウノトリは田んぼや川などの浅瀬にいる姿が最も美しいと思っていますが、電柱で寛いでいる姿もなかなかのものです。川に良く入っている関係で全く汚れは無く、コウノトリ本来の美しさを撮るのには絶好の機会でもあります。

     コウノトリは何処でも羽繕いをしています。ドキッとする容姿は常日頃の羽根一枚一枚、一本一本丁寧な手入れの積み重ね。
    CF1A9168 20190810

     暑さのためか、嘴は開けていますがとにかく元気そのもの。コウノトリは暑くても寒くても大丈夫のようです。
    CF1A9184 20190810

     またもや羽繕い。黒い羽根は金属光沢に輝き、不思議な美しさとなります。
    CF1A9279 20190810

     J0167は昨年はこの川には入らなかったと思いますが、今年は日照りで田んぼでの餌捕りの難しさもあるのかも知れません。豊岡の川は海へと流れますが、この川は琵琶湖へと繋がっています。そのため川はブラックバス釣りも多く、コウノトリにとって勝手が違う面があるかも知れませんね。更に鮎の産卵期には川にテグスが張られ生活しにくい面も否定できないようです。
    CF1A9304 20190810

     川のコウノトリは遠いところにいるため簡単には撮れませんが、電柱では自由に撮りたいだけ美しいコウノトリを撮ることが出来ます。
    CF1A9310 20190810

     今年のコウノトリは大挙して飛来することはなく、飛来しても長くは留まらないパターンでした。これは何を暗示しているのでしょうか。
    CF1A9314 20190810

    アサギマダラ、旅が始まったようです 長浜市にて  

     令和元年9月19日撮影。
     久しぶりの即日UPです。今日の午後、約30分間湖岸で観察する機会がありましたので取り敢えず湖岸に出てみました。湖岸は逆光のうえ、高波で速攻退散。途中、チョウがかなりのスピードで現れましたが、直ぐにアサギマダラと気付きました。これでは撮れないと諦めかけた時、休憩のためか薄暗いところに留まってくれました。昨年は猛烈台風の直撃のためか湖岸では確認すら出来ませんでしたので、2年ぶりの撮影です。一番好きなチョウはアサギマダラ、一番好きな鳥はコウノトリですが、同列にトウネンとコハクチョウ。地味で特に美しいとは言えないトウネンですがつい最近撮影しています。この月は好きなものを撮ることが出来ましたので、嬉しさの余り掲載させて頂きました。トウネンなどは後日の掲載となります。

     猛暑から一転秋風。秋風に誘われたかのようにアサギマダラの気の遠くなるような渡りが始まったようです。2年ぶりの撮影ですので、ピント合わせももどかしく、諸々の設定を考える余裕はありませんでした。
    CF1A2853 20190919

     枯れ枝に留まったアサギマダラ。私にはステンドグラスのように見えました。
    CF1A2803 20190919

     例年は留まっているセイタカアワダチソウが咲いているときに良く見られますが、今年は早い旅立ちのようです。
    CF1A2906 20190919

     何といってもあさぎ色が素敵です。このチョウのため自宅ではフジバカマを複数箇所で育てて立ち寄ってくれるのを待っています。これからが楽しみです。時間の都合もあり、長旅の無事を祈りこの場を後にしました。
    CF1A2943 20190919

    コウノトリは何処に 長浜市にて  

     令和元年8月9日撮影。
    何時ものエリアにはコウノトリ確認できずで、溜池の様子を見たついでにトンボなどを撮ってみました。何時もは特急であちこちと探しますので、溜池はコウノトリがいなかったら次へと向かうため時間をかけて観察することは冬期以外は殆どありません。コウノトリがいればコウノトリにレンズを向けていますので、ゆっくり観察したい気持ちはありますがなかなか上手くいきません。

     ハスの蕾に留まったショウジョウトンボ。この日はハスの花に留まるのを狙っていましたが、現実はそう簡単ではありませんでした。
    CF1A9002 20190809

     チョウトンボも都合良くハスの蕾に留まってくれました。
    CF1A8953 20190809

     コフキトンボも撮れました。トンボもチョウも好きですが、種類には疎いので間違っているかも知れません。
    CF1A9007 20190809

     バチャバチャと音がするので見ると、カルガモが水浴びの真っ最中。カモも水浴びをするのですね。
    CF1A8977 20190809

     翼をバタバタして水気を飛ばしています。
    CF1A8992 20190809

     溜池で時間つぶしを兼ねてコウノトリが戻って来るのを待っていたのも事実ですが、もしやと思って河口近くへ。寛ぎながら水飲みしていたのはJ0167。距離は遠かったですが発見できてよ・か・っ・た。
    CF1A9161 20190809-1

     

    電波塔、田んぼ、溜池へ 長浜市にて  

     令和元年8月6日撮影。
     この日は敦賀に釣りに行く前にコウノトリ観察、帰路にもコウノトリ観察でした。この付近は高速を使う、使わないどちらにしても通る所ですので、一寸見ていこうか、という感覚で立ち寄れます。この日の確認個体はJ0161のみでしたが、直ぐに確認できましたので寄り道的なコウノトリ観察でしたので大助かりでした。

     直ぐに分かったのは、この辺りで一番高い電波塔に留まっていたからです。
    CF1A8619 20190806

     近くの田んぼに降りましたので、田んぼの様子を撮りましたが時間的余裕が無かったので餌捕りまではお付き合いできませんでした。
    CF1A8743 20190806

     この日はJ0161のみでしたので、足環が見えなくても大丈夫。しかし、複数の場合は足環が確認できないと困ってしまいます。先入観で個体を特定して、結果的に間違いと言うことも経験済みです。
    CF1A8779 20190806

     コウノトリは高いところ、田んぼ、川などの浅瀬が好きです。道路も歩きますが、余りお似合いではありません。
    CF1A8789 20190806

     釣りの帰りに立ち寄ってみると、溜池で寛いでいました。ハスの花で華やかな溜池が、コウノトリがいるだけで更に一段と美しく見えました。
    CF1A8895 20190806-1

    懐かしい「ぱしふぃっく びいなす号」 敦賀湾にて  

     令和元年8月6日撮影。
     この日は敦賀市までキス釣りに出掛けました。長浜と敦賀は隣りですので釣りに出掛けるにはとても便利です。縄間方面でキス釣りをし、帰りに客船「ぱしふぃっく びいなす号」が敦賀新港に停泊しているのに気付き停車して撮影しました。この客船は私を含め家人も複数回クルーズを楽しんだ客船で、船旅の思い出がありますので見掛ければ懐かしく思います。乗船されていたスタッフは外国人の方が多かったのですが、流暢な日本語で印象がとても良かったのを思い出します。機会があれば、お世辞抜きで乗りたい客船です。

     写真で見ればそんなに大きく見えませんが、実物は巨大でした。この巨体を一発で岸壁に着ける操船技術には驚きでした。食事もとても美味しかったのを思い出しました。勿論、完全洋食です。小心者の私には、フォークとナイフなどがズラッと並んでいるとそれを見ただけでクラクラと来ます。
    CF1A8855 20190806

     停車したところにはタカサゴユリが咲いていました。
    CF1A8809 20190806

     道路下の岩場にはカルガモ。カルガモは海にも普通にいます。
    CF1A8823 20190806

     強い日差しを避けるようにカルガモたちも岸寄りに集まっていました。
    CF1A8848 20190806

     気比神宮の鳥居。この近くの和菓子屋さんで水仙まんじゅうを買ったときに撮ってみました。肝心のキスが登場しませんが、そこそこの釣果でした。釣っているときは、ゴカイで手がヌルヌルでスマホもカメラも操作する気になれませんでした。シロギスの天丼、これが最高に美味しく、飽きもせず釣りに行っています。
    CF1A8886 20190806

    電波塔にJ0161が 長浜市にて  

     令和元年8月5日撮影。
     この日のコウノトリ観察は電波塔にJ0161が留まっているのを確認したのみでした。コウノトリは田んぼや溜池にいると確認しやすいですが高いところに留まっていると見落とすこともあります。少し前、電柱に留まっているコウノトリを撮影しているとき、乗用車が止まり「この頃コウノトリ見掛けませんね」と聞かれたことがあります。電柱を指さし、「そこに留まっています」といったこともありました。とにかく1羽でも確認できたのはラッキーでした。

     電波塔のJ0161。カメラを用意している間に飛ばれたら何処へ行ったのか分からないこともあるので、結構焦ります。
    CF1A8542 20190805

     今年のコウノトリの飛来状況の特徴は少数がパラパラとやって来ており、昨年のように一度に13羽も飛来したのは夢のようにも思えます。
    CF1A8556 20190805

     電波塔だけでは変化に乏しいので、撮影場所を微妙に変えたりしています。
    CF1A8575 20190805

     J0161もやって来てくれたものの、今年は日照り続きのため近くの川にコアユが全く遡上していないので、ガッカリしていかも知れません。最近、その様に考えています。
    CF1A8590 20190805-1
     令和元年8月4日撮影。
     野鳥たちは人間、犬、キツネなどにとても敏感で、危険を感じたら直ぐに逃げる、というのが普通です。コウノトリのJ0188が川にやって来ていましたので、観察していると野犬の姿。それもだんだんコウノトリや他の水鳥たちに近付いて繰るではりませんか。この川ではバス釣りなど川の中に人間が入ると水鳥は1羽もいなくなってしまいますので、今日は観察は諦めようとなってしまいます。ところが、野犬が近付きあわやと思いきや、逃げる野鳥は1わもおらず完全に平和的友好モード。共存関係にあるような不思議な光景が見られました。

     岸に野犬がやって来ても逃げる鳥は1羽もいません。コハクチョウなら一目散に遠ざかってしまいます。
    CF1A8273 20190804

     今度は野犬が川の中に入り水鳥の中に。全員平常心のようで、コウノトリも全く警戒心が見られません。???。
    CF1A8508 20190804

     コウノトリの横を通っても大丈夫。この野犬、自分は水鳥と思っているのか、あるいは水鳥たちがこの野犬に外敵から守って貰っているのか、私の常識では考えられない光景です。このコウノトリのJ0188は毎日のように観察していますが、知らない人が近付くと逃げます。
    CF1A8511 20190804

     ハラハラしながら観察していましたが、全員歓迎としか思えず仲間と思っているようです。
    CF1A8518 20190804

     この野犬、メスで子どもがいれば餌になるものは何でも襲うと思いますが、それは先入観でこの犬をよく見れば優しい顔をしており、弱った魚などを食べているのでしょうか。
    CF1A8523 20190804

     野犬が何事も無く去り、コウノトリを中心に円陣を組んでいるように見えます。やっぱり、コウノトリは大きいですね。
    CF1A8526 20190804

    イチビという植物 自宅近くにて  

     令和元年8月4日撮影。
     長い人生を歩んでいるのに、初めてお目にかかる植物が身の回りにあると言うことは、正直驚きです。野鳥撮影を始める前は植物に興味がありましたので、もっぱら植物ばかり撮っていました。今年に入って3種もの初めてお目にかかる植物を撮ることができました。今回は、今年2番目の発見の「イチビ」という植物です。

     アオイ科の植物で、花が咲いていないときは芙蓉に良く似た姿をしています。驚きは、この果実で初めて見るものです。
    IMG_2952 20190804

     ドライフラワーにしたら良さそうな果実。犬の散歩の時に発見した植物で、何時もその不思議な姿に見入っています。
    IMG_2953 20190804

     帰化植物でインド原産らしく、今では全国に定着しているとのことですが、人生ウン十年で初めて見るもので、厄介な雑草と言うことですが、個人的には強く惹かれます。今後何回か掲載させて頂きたいと思っています。
    IMG_2955 20190804

     以前にも載せさせて頂いた「モモイロツメクサ」。畑で育っています。今年、私としては初めて見た1番目の種類がこれでした。ピンクという以外は白いクローバーと同じです。
    IMG_2944 20190804

     庭のムベに留まっていたハグロトンボ。
    IMG_2934 20190804
     令和元年8月3日撮影。
     この日もコウノトリ(J0188)は川にいました。コウノトリが過ごしている地域では、稲が成長し日照り続きの影響でコアユが全く遡上していないのもJ0188が川で過ごしている原因かも知れないと考えています。この川は魚が豊富で、サギ類もたくさん集まってきています。紺の鳥の観察時にカワセミが飛び、川の上空には魚目当てのミサゴも現れましたので撮ってみました。

     川に佇むJ0188。コウノトリまでの距離が約200㍍あるのが難点ですが、近付けないところですので仕方がありません。
    CF1A7814 20190803

     羽繕いしているJ0188の右側にカワセミが写っています。お分かりでしょうか?
    CF1A7830 20190803

     川でコウノトリを撮っているとミサゴが良く現れます。
    CF1A7834 20190803

     コウノトリは時々翼を広げながら猛ダッシュをします。これは何もアオサギと戯れているのではなく、魚を追いかけているのです。
    アオサギはただ驚いているだけです。
    CF1A7907 20190803

     川でのコウノトリは足が洗われ、足環もピカピカで足の赤い色も美しいです。コウノトリが居ると川が華やかに見えるのは私だけでしょうか。長年観察していても不思議な鳥だと思っています。
    CF1A8117 20190803-1

    コウノトリ(J0188)、釣り人が苦手 長浜市にて  

     令和元年8月2日撮影。
     J0188は湖岸近くが好きで、昨年の飛来時にも湖岸近くで確認されていました。今年も、いないなと思ったら湖岸近くの川に出掛けていました。川はとても好きですが、ただ釣り人は苦手で突然飛んだ時は必ず川の中に釣り人が認められます。私たちコウノトリを観察している者には近付いて来て、レンズの撮影最短距離以内にも来てくれます。のに一目散に逃げるコウノトリは余程釣り人が苦手なようです。川の中を竿を振りながら歩く姿は、コウノトリにとって想定外のようです。

     釣り人を避けて川の近くの電柱に留まったJ0188。釣り人も撮影していますが、掲載は差し控えさせて頂きます。
    CF1A7140 20190802

     J0188は容姿端麗のコウノトリで、電柱に留まっている様子もなかなかのものです。
    CF1A7209 20190802

     釣り人がいなくなるまで、ここで休憩のようです。
    CF1A7240 20190802

     両足の足環が確認できますのでパチリ。
    CF1A7260 20190802

     J0188が川に戻ったときに撮影。アオサギ、ダイサギに比べ大きさは圧巻です。
    CF1A7740 20190802

    再会を喜ぶコウノトリたち 長浜市にて  

     令和元年8月1日撮影。
     J0150、J0161がやって来てくれたので、先にこの地で過ごしていたJ0196(はるかちゃん)は大喜び。昨年もこの時期は多くのコウノトリたちがこの地で一緒に仲良く過ごしていました。久しぶりにそれぞれが再会したのですから、喜びが抑えられない様子。コウノトリは利口な鳥ですので、かなり高度な社会性があるようです。

     左からJ0150、J0161、J0196です。
    CF1A6568 20190801

     この3羽、嬉しくて仕方が無いようです。撮影してる私まで「久しぶりだね」と嬉しくなってしまいます。
    CF1A6596 20190801

     この表情。意思疎通をしているとしか思えません。
    CF1A6601 20190801

     リーダー格のJ0167。電柱から様子を窺っているようです。
    CF1A6989 20190801

     1羽だけ別行動のJ0188。湖岸近くの川にいました。J0188は昨年もこの辺りで確認されていますので、きっと魚も捕れてお気に入りだと思います。
    CF1A7100 20190801

    コウノトリJ0150、J0161が飛来 長浜市にて  

     令和元年7月31日撮影。
     この日、新たなコウノトリが飛来していたのでこの地で過ごしているJ0167には何時もに無い動きが見られました。というのはJ0167が人工巣塔に留まっていたためです。普段は留まっていませんが、何で?という感じでした。巣塔直ぐ近くのN先生と出会い、J0161がそこにいる旨教えて頂き、なるほどと思いました。J0167&J0178はこの巣塔は自分たちのものと思っていますので、横取りされないか見張っていたのです。

     厳しい表情で、自分たちの巣を守っているJ0167。
    CF1A5932 20190731

     久しぶりのJ0161で昨年もこの地で過ごしていました。J0161も久しぶり、というように此方を見ています。
    CF1A5990 20190731

     J0161は雄のコウノトリで、ご覧のとおり容姿端麗です。
    CF1A5994 20190731

     ここから男前のJ0161が巣塔のメスであるJ0167を見続けていたのです。
    CF1A6065 20190731

     飛び立ったJ0161、何処へ行くかと思えば・・・
    CF1A6094 20190731

     こともあろうに、J0167と一緒に留まろうと巣塔にお邪魔したのですが、見事に一蹴されたJ0161。
    CF1A6131 20190731

     一方、別の場所にはJ0150(手前のコウノトリ)とJ0196が一緒にいました。J0150も昨年この地で暫く過ごしていました。
    CF1A6187 20190731

     飛び立ったJ0150。コウノトリは大きな鳥ですが、翼を広げるとより大きく見えます。
    CF1A6268 20190731

    コウノトリは動かず、アマサギへ 長浜市にて  

     令和元年か7月27日撮影。
     この日は台風の影響で朝から雨でした。コウノトリ観察と言うことで出向きましたがJ0196(はるかちゃん)は電柱に留まったまま動く気配が無く、雨も降っているので途中で見たアマサギを撮ることにしました。ここでは、コウノトリよりもアマサギの方が珍しいので生憎の天気でしたが、ある意味ではラッキーでした。

     コウノトリも雨でびしょ濡れ。
    CF1A4393 20190727

     アマサギ。後ろのダイサギと比べると大人と子どもです。
    CF1A4442 20190727

     アマサギ2羽、仲良く雨に耐えているようでした。
    CF1A4445 20190727

     コサギは小さくて可愛らしいですが、アマサギはコサギよりも小さいです。
    CF1A4452 20190727

     小さいもの同士仲がよろしいようです。
    CF1A4458 20190727

     白いアマサギもよく見れば頭部、胸の一部に薄い橙黄色が見られます。
    CF1A4472 20190727
     令和元年7月26日撮影。
     コウノトリは比較的簡単に見付けて観察していますが、それでも電波塔に留まっていると遠くからでもコウノトリを確認できますので助かります。ただ注意していないと、電波塔に到着して上を見上げると飛び去った後ということもあり、飛んだ方向を確認していないので、そこら辺りを探し回る結果にもなる可能性があります。

     電波塔の天辺から下を見ているようです。
    CF1A4017 20190726

     電波塔を歩いているのでもうすぐ飛びそうな雰囲気。
    CF1A4033 20190726

     行き先が決まったようで、いざ出発です。
    CF1A4038 20190726

     J0167は巣塔近くの田んぼが好きなようです。足環は確認できませんが特徴で分かります。
    CF1A4282 20170726

     畦に上がると足環が確認できます。個体が分からない場合は畦に上がるのを待って確認しています。暑いときは我慢比べとなります。
    CF1A4327 20190726

     狭い水路でも飛んで移ります。アオサギも逃げません。アオサギとは仲良しのようです。
    CF1A4370 20190726

    お猿さんの親子 長浜市にて  

     令和元年7月26日撮影。
     コウノトリの観察をしていると他の野鳥などに出会ったり、時にはニホンザルに遭遇することもあります。この日は、次の場所に移動するため駐車場に向かっていると夥しいニホンザルの集団が田んぼに分散していました。それも殆どが子ザルたちでしたので、咄嗟にカメラを親子に向けてみました。農家の方には申し訳ないですが、サルの集団は電柵を器用にくぐり抜け、まだ青い稲を採ってきては道路で親子で賞味していました。

     青い稲を一掴み採ってきてこれから親子で食べようとしています。お兄ちゃんザルが欲しそうに見ています。
    CF1A4105 20190726

     先に貰ったのは弟ザル。
    CF1A4101 20190726

     今度はお兄ちゃんザルの番ですが、まだ欲しそうにしている弟ザル。
    CF1A4109 20190726

     完食したら山へ帰っていきます。
    CF1A4136 20190726

     害獣避けの柵をよじ登るお母さんザル。最近は柵も、電柵も知恵のあるサルたちにはなんとも無いようです。この様な利口な親ザルについて食料の失敬の仕方を学んでいる子ザルは利口なはずです。
    CF1A4153 20190726
     令和元年7月25日撮影。
     その1からの続きです。例の4羽はやっと飛んでくれて幸いにも畦とか農道それも草刈りがされているところで、とてもラッキーで待った甲斐があったことを実感しました。しかし、ご紹介するようにこの4羽のコウノトリたち、何処で採餌していたのか脚環は泥まみれで、消去法で何とか見当がついたというか、見当をつけたという方が正しいような状態でした。一部は間違ってコウノトリ市民科学に報告してしまっているようです。

     飛んだのは、足環なし君です。脚環が未装着の個体の飛翔姿は初めての撮影です。脚環が未装着というのは、どういった場合なのか?想像が膨らみます。
    CF1A3656 20190725

     田んぼから出て来たのは、足環なし君です。手前はJ0167。
    CF1A3688 20190725

     J0167でリーダー的存在。皆を連れて来たようです。
    CF1A3678 20190725J0167

     ザリガニを捕ったJ0167。
    CF1A3903 20190725J0167

     J0230で今年生まれの幼鳥です。昨年は幼鳥がたくさん飛来しましたが、J0230が今年の第1号です。
    CF1A3711 20190725J0230

     農道を歩くJ0230。幼鳥らしく、体がほっそりして幼い感じです。
    CF1A3783 20190725J0230

     これが脚環の確認判断を誤ったと思われる個体。泥んこで無理と言えば無理かも知れませんが、どうもJ0202ではないかと思い始めています。
    CF1A3807 20190719J0202

     
     令和元年7月25日撮影。
     昨年のデータからすると多くのコウノトリで賑わっていました。今か、今かと思いながらのコウノトリ観察となっています。午前と午後の観察が日課となっており、この日は虫の知らせというか、そこそこのコウノトリが飛来しているような感じでしたので、情報を頂くまでも無く現地に。「!!!。既に現地には複数台の車。」、やっぱり感が当り、感激の余り、機材の準備がもどかしく、焦りましたがそこには4羽のコウノトリ。一体4羽は誰なのか、確認に努めますが足環は稲に完全に隠れて確認困難。更に、追い打ちが・・・。「コウノトリ市民科学」への電送は個体は不明としなければならないのか、悩みに悩んだ観察となりました。続きは、その2で掲載させて頂きます。

     ご覧のとおりの4羽。足環の確認は如何ともし難い状態です。
    CF1A3265 20190725

     畦に上がるか、稲の隙間を通ってくれるか待ち続けました。
    CF1A3277 20190725

     稲の隙間で辛うじて撮った足環。何と泥んこで、弱り目に祟り目。
    CF1A3284 20190725

     別のコウノトリが稲の隙間を通ったところをパチリ。アレッ!、足環が無い!天然物では!とますます焦ります。足環なし君はこれで3回目の撮影です。越前で2羽、長浜で1羽となります。
    CF1A3303 20190725

     右端の個体、やはり足環が未装着です。
    CF1A3320 20190725

     ズ~ッと待ち続けてもご覧のとおりで、依然として3羽の足環は確認できません。
    CF1A3430 20190725

     挙げ句の果ては4羽揃ってサービスのつもりか、集まってこちらを見ています。結果的にはこのままでは観察になりませんので、最終ラウンドまで待ち続けたところ、別の場所に飛んでくれましたので何とか足環を確認することか出来ました。4羽の具体は、その2で載せさせて頂きます。
    CF1A3442 20190725

    コウノトリ(J0196 はるかちゃん) 長浜市にて  

     令和元年7月23日撮影。
     この日出会えたのはJ0196(はるかちゃん)だけでした。他のコウノトリは余り遠くないところにいると思われますが、水路や段差のある田んぼなどにいると中々見付けることが出来ない場合があります。1羽しか出会えなかったJ0196も田んぼに降りたのですが、かなり遠い所。撮影は思うようにはいかないのが常ですので、近くにアマサギが見られましたので少しだけ撮って、この日は撤収しました。

     電柱に留まって辺りを見渡すJ0196。直ぐにも飛び出す雰囲気でした。
    CF1A2575 20190723

     親しげにこちらを見てくれたのが幸いでした。
    CF1A2581 20190723

     電柱から飛んで田んぼの一番奥へ。待てば近付くこともありますが、長時間辛抱できないのが私の観察の常。
    CF1A2628 20190723

     近くにアマサギがいましたので、帰路に観察。
    CF1A2722 20190723

     今季はアマサギの飛来が遅かったように思われますが、この時分はあちらこちらで良く見られました。
    CF1A2794 20190723-1

    東尋坊、コウノトリ観察のついでに  

     令和元年7月22日撮影。
     坂井市のコウノトリのヒナ4羽を観察し、コウノトリからほど近い東尋坊に立ち寄ってみました。東尋坊は何回か訪問していますが、坂井市のコウノトリの所からは思いのほか近いのには驚きでした。最初に訪問したのはかなり前ですが、その時は断崖の高さに恐怖心をおぼえましたが、回数を重ねるにつき「恐怖心」は感じなくなっていました。ただ、自然の作り出した絶景は何回見ても素晴らしいと思います。この日は湖北は雨、坂井市などは梅雨明けを思わすような快晴で、ただただ暑かったため駐車場から歩くのが大変でした。

     下の海面を覗くと足がすくみます。
    IMG_2708 20190722

     私は敦賀や越前を訪問する機会が多いので日本海は馴染みの深い海ですが、何回見ても素晴らしく落ち着きます。
    IMG_2717 20190722

     海は静かでしたが、それでも岩に打ち付ける波は荒々しく砕け散っていました。
    IMG_2739 20190722

     近寄りがたい、荒々しい断崖。色々な物語があるのも頷けます。
    IMG_2750 20190722

     絶景かな、と思い断崖の先の方まで行ってみたいという衝動に駆られますが、行けるところはごく限られています。
    IMG_2761 20190722

     大小様々な岩。この先で釣りをしたらきっと大物が釣れそうですが、釣っている人は誰も見掛けませんでした。越前海岸では釣り人を見掛けますが、ここは危険で近寄りがたいですね。
    IMG_2700 2019072

     東尋坊から遠景を眺めると、4基の風力発電の風車らしきものが見えました。以前、訪問したときには無かったので新発見です。
    IMG_2781 20190722

    コウノトリ観察、坂井市に出向く前に 長浜市にて  

     令和元年7月22日撮影。
     この日朝起きて天気予報を見ると長浜市は雨ですが、坂井市辺りには雨雲が無く晴れのようですので予定通り出発しました。北陸自動車道には小谷城スマートインターから入りますので、何時ものコウノトリ観察をすることが可能でしたので少しだけ立ち寄ってみました。幸い3羽(J0167&J0178、J0196)を直ぐに発見し観察することが出来ました。

     雨の中のJ0167。
    CF1A1467 20190722

     少し離れてJ0196(はるかちゃん)。
    CF1A1560 20190722

     J0178も上手い具合に畦に上がりましたので足環の確認はすぐに出来ました。
    CF1A1604 20190722

     J0178がJ0196のそばにやって来ました。J0196は近くにJ0167がいるためか、直ぐに田んぼに入ってしまいました。
    CF1A1650 20190722

    ▲Page top