2020年11月10日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    珍鳥、マミチャジナイを初認初撮影 湖北のとある森にて  

     令和2年(2020年)11月10日撮影。
     今日は極端な天気の変化の日で、晴れと思えは雨が降ったり、曇ったりで畑仕事も落ち着いてできずで野鳥観察。コハクチョウ、ツグミ、ジョウビタキ、オオヒシクイと冬鳥を撮った後、気温が低いので重いカメラでも抱えて歩いてみようと、とある森に足を踏み入れてみました。イカルが地上から飛んだのでまだ残っているかとレンズを向けると、シロハラでもアカハラでもない鳥が地上から枝へと飛び移りました。「何?眉班があるのでマミチャジナイ?」、改めてレンズを向けると6年ぶりのマミチャジナイとの出会いであることを確認。

     6年前のはもっと色濃いマミチャジナイでしたので、一瞬判断に迷いました。しかし決定打は明瞭な眉班。アカハラにはありません。私の使っている「日本の鳥550山野の鳥増補改訂版」によると、日本の半分以下の地域で繁殖、または越冬するか、渡りの途中に通過する種。として◇マークが付されています。簡単に言えば数少ない旅鳥です。
    EJ3Q2255_1 20201110

     滅多に撮る機会が無いので、飛ばれないよう細心の注意を払いながら、出来る限り色々な撮影位置から撮りました。
    EJ3Q2245_1 20201110

     
     東シベリア・ロシア極東北部・アムール川流域で繁殖し、東南アジア方面で越冬と長旅の鳥さんなのですね。
    EJ3Q2237_1 20201110

     枝被りしないで撮れる位置はごく限られているので、飛ばれないうちに撮ろうと祈りながらのハラハラ撮影でした。
    EJ3Q2241_1 20201110

     カメラは1D系でLightroomでRAW現像しています。
    EJ3Q2235_1 20201110

     嬉しさのあまり多数撮りましたが、ブログ掲載画像はここまでとさせて頂きます。また、他に掲載予定のものもありますが、速報として本日UPさせて頂きました。
    EJ3Q2224_1 20201110

    タゲリ、良く出会います 長浜市にて  

     令和2年(2020年)11月6日撮影。
     最近は時間の都合がつく限りコハクチョウの観察がほぼ日課になっています。コウノトリの時は居場所が色々で思わぬ所にもいましたが、コハクチョウは場所がびわ湖か田んぼと決まっていますので観察はし易いです。ここ最近は、マガンもコハクチョウと一緒にいる時が多いのでコハクチョウ観察の励みになっています。その行き帰りにタゲリとの出会いも楽しみとなっています。

     立派な冠羽のタゲリ。毎年そうですが出会うとどうしても撮ってしまうほど綺麗です。
    EJ3Q0837_1 20201106

     良く見えそうな大きな目でこちらを注目しています。秒間3コマの低速連写で撮っていますが、殆どタゲリが動いていないのが良く分かります。
    EJ3Q0837_1 20201106

     晩秋に飛来するタゲリ。湖北には、美しい冬の使者たちが次々に到着しています。
    EJ3Q0405_1 20201106

     コンクリート畦を越え隣の田んぼへ移動しているタゲリ。
    EJ3Q0439_1 20201106

     撮る位置によっては稲の切り株の林立。
    EJ3Q0443_1 20201106

     タゲリは稲の切り株と比べても大きくはなく、少し遠くにいる場合は肉眼では目立ちませんが、レンズを通してのタゲリは輝いて見える不思議な鳥の様に思えます。
    EJ3Q0411_1 20201106

    ▲Page top