2020年11月26日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    オオワシの飛び出し 長浜市にて  

     令和2年(2020年)11月26日撮影。
     紅葉が残っている内にと言うことで今日もオオワシ撮影に出向きました。オオワシの飛び出しは過去にも数多く撮影しているので、取り立てての事ではありませんが、今季としては初めての撮影となります。以前は高速連写で撮影していましたが、ここ半年ほどは秒間3コマの低速連写としています。秒間10コマ以上の高速で撮れば瞬く間に粗製乱造も混じって後の整理が大変でしたが、レスポンスとAFの追従性が良ければ低速連写で充分です。飛び出し時は周囲は高速連写音の嵐、その中で一抹の引け目を感じながらの低速連写です。

     飛び出しのため向きを変えようとしているオオワシ。この時点で飛ぶと直感していました。
    EJ3Q6721_1 20201126

     エンゼルポーズかとも思いましたが向きを変えるためバランスをとっています。
    EJ3Q6722_1 20201126

     完全に向きを変えてからの飛び出しと思っていましたが・・・。
    EJ3Q6724_1 20201126

     ところが、この体勢で飛び出したのです。既に脚は枝から離れています。
    EJ3Q6725_1 20201126

     考えてみれば、枝に翼がかからないように飛び出したのでこのスタイルとなったようです。
    EJ3Q6726_1 20201126

     飛び出し直後の様子。シャッタースピードを800分の1秒にしていますので、力強く羽ばたく様子が感じられるでしょうか。
    EJ3Q6727_1 20201126

     目指すはびわ湖へ一直線。後、センター沖のポールに留まった後狩りと食事を済ませて山本山に戻ってきました。実質的に午前中でTHE ENDのオオワシ撮影でした。後コハクチョウ、カイツブリ、オオヒシクイ、タゲリを撮って帰宅しました。
    EJ3Q6736_1 20201126

    カシラダカ、今季の初撮影 長浜市にて  

     令和2年(2020年)11月8日撮影。
     この時期には余り通りことが無い川沿いの農道を走行中、桜の木に小さな小鳥の群れを発見。その大きさから直ぐにカシラダカと分かりましたので車から降りて撮影。しかし、このカシラダカ小さくて可愛らしいのですがフレンドリーではありません。僅かの撮影時間に1羽も残っていませんでした。

     素早く捕る必要があるカシラダカ。先ず最初の一コマ。


     続いて2コマ目。興奮していないので冠羽が立っていません。
    EJ3Q0870_1-2.jpg

     カメラを向けているためか、少し冠羽が立っているように思えます。
    EJ3Q0871_1-2.jpg

     僅かに残っている桜の紅葉を添えてみました。
    EJ3Q0876_1-2.jpg

     こちらを向いてくれたところをパチリ。冬鳥のカシラダカは犬2頭と自宅近くを早朝に散歩している時に良く見掛けます。とても小さく、この子たちも遠路旅をして来たのだなと感心に思います。冬鳥の増加と共に冬はそこまでやって来ています。
    EJ3Q0877_1-2.jpg

    ▲Page top