2021年01月12日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    標識付きのコハクチョウ、トモエガモなど 長浜市にて  

     令和3年(2021年)1月9日撮影。
     この日はホシムクドリを撮って喜んでいたのですが、あとはコハクチョウ撮影撮影などで特に宝物的なものは期待していませんでした。ところが、撮った画像をPCで確認していると標識付きのコハクチョウが写っているではありませんか。「宝物」発見です。更に、別の場所で撮影したコハクチョウのそばにトモエガモが数羽写っていました。遠くて証拠写真にもなりませんが、びわ湖のトモエガモを撮ったのは偶然とはいえ初めてでした。

     餌場に向けて飛び立つ標識付きのコハクチョウ。左足の赤い足環にはC12と記されています。
    EJ3Q9565_1 20210109

     右足には金属製の足環が付いていますが、記号番号が刻印されていますが至近距離でない限り判読は無理です。なお、山階鳥類研究所保全研究室鳥類標識センターには報告済みです。田んぼでの出会いの楽しみが出来ました。
    EJ3Q9568_1 20210109

     コハクチョウの幼鳥の前方、この画像の中央にトモエガモ数羽が偶然ですが写っていました。これも私にとっては「宝物」です。トモエガモは近所のため池には数え切れないほどいます。雪が止むと撮影したいと考えています。
    EJ3Q9363_1 20210109

     湖北ではよく見かける光景。餌場へ向かうコハクチョウたち。
    EJ3Q9352_1 20210109

     生まれ故郷のシベリアほどではありませんが、ここ最近の湖北は寒波の影響で厳しい寒さが続いていますが、コハクチョウ達は元気そのもの。第二の故郷で健やかに過ごしています。
    EJ3Q9493_1 20210109

    ▲Page top