2021年01月15日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    タシギ、雪の田んぼに 長浜市にて  

     令和3年(2021年)1月11日撮影。
     この日は山本山周辺の田んぼも雪で真っ白。雪の日に撮影チャンスがあるのはタシギで、こんなに沢山いたのかと思うほどあちらこちらで見掛けます。雪が積もると姿を隠す場所が無くなるのでよく目立つうえ、雪解け場所を探して採餌をするため発見が容易になります。で、タシギがいるかもと注意しながら走行していると期待通り見付けることができ、今季では初めて撮影することが出来ました。

     田んぼで忙しそうに餌探ししていたタシギ。
    EJ3Q9873_1 20210111

     長い嘴のユニークさに惹かれてつい撮ってしまうタシギです。
    EJ3Q9878_1 20210111

     クチバシを突っ込んで獲物を探り当てて食べます。
    EJ3Q9924_1 20210111

     この場所では2羽のタシギが同じように採餌していました。
    EJ3Q9955_1 20210111

     2羽が仲良く採餌しています。凍てつく寒さの中、心が和む光景です。
    EJ3Q9959_1 20210111

     タシギは逃げ足が早く隠れんぼの達人で、雪のない時には稲株などに上手に隠れてしまいます。
    EJ3Q9964_1 20210111

    希少種シジュウカラガンが12羽! 長浜市にて  

     令和3年(2021年)1月14日撮影。
     今日は時間の有効活用ということで午前はシジュウカラガン探しに出向きました。大体の見当は付いていましたので、オオハクチョウ親子の飛び立ち、ウグイスを撮った後にシジュウカラガン撮影に。思っていたところより随分手前でシジュウカラガンとのご対面でした。前回は3年前の年末に飛来していますが1羽でした。今回は12羽も飛来しています。

     稲の二番穂の中で採餌していたシジュウカラガン。少しバラけていたため12羽全部をファインダー内に収めることは出来ませんでした。
    CF1A7572 20210114

     マガンと一緒に採餌していました。シジュウカラガンは宮城県の伊豆沼が越冬地として知られていますが、本来の渡りのルートから外れているため、我が国には少数が飛来するのみです。日本の鳥550水辺の鳥増補改訂版でも△マークが付いており、正真正銘の珍鳥です。
    CF1A7618 20210114

     3年前に出会った時は、生涯出会うことはほぼ無いものと思っていましたが12羽とは驚きでした。
    CF1A7621 20210114

     今年はトモエガモが1000羽以上飛来していおり、更にシジュウカラガンと最高のお年玉です。
    CF1A7634 20210114

     マガンも好きな鳥で観ていても最高でした。
    CF1A7643 20210114

     午前撮影分は7D Ⅱで撮っていますが、12羽を1画像内に収めるため夕方にも出掛け撮影に成功しました。夕方は高感度撮影に優る1DXで撮っています。
    CF1A7662 20210114

     画像が小さいのでは、と思われるかも知れませんが全てノートリミングです。後の画像と夕方に撮影した分は暫く日を置いてUP させて頂く予定です。場所を特定されると今日的な状況にもかかわらず他府県から殺到する恐れがあるためご理解願います。3年前は1羽でも農道に車が溢れていました。
    CF1A7705 20210114

    ▲Page top