2021年02月26日 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    びわ湖沖にトモエガモの帯が延々と! 長浜市にて  

     令和3年(2021年)2月9日撮影。
     この日は朝から雪が舞いとても寒い日となりました。コハクチョウ観察のため早めに湖岸に到着し、海老江漁港からコハクチョウを撮っていて何気なしに沖合を見ると、夥しい水鳥が帯状に浮かんでいます。帯状の長さはかなりのもので、この様な光景は今までに見たこともないので、沖の竹生島をバックに撮ってみました。画像を拡大してみるとトモエガモの大集団であることが分かり、恐らくびわ湖に何千羽ものトモエガモは貴重な記録だと思われます。

     午前8時前、湖岸から1㌖ほどの沖合に集結している数え切れないトモエガモ。
    EJ3Q3346_1 20210209

     肉眼でも双眼鏡でも確認できない距離でした。画像をトリミングするとようやくトモエガモであることが分かります。この帯状の外側にヒドリガモ、カンムリカイツブリなどがいました。
    EJ3Q3337_1 20210209

     竹生島の宝厳寺などが見えています。
    EJ3Q3343_1 20210209

     帯は延々と続いています。我が国の大半と思われる位のトモエガモが何故びわ湖に集結しているのでしょうか?
    EJ3Q3336_1 20210209

     帯はまだ続いています。
    EJ3Q3333_1 20210209

     更にトモエガモの数が多くなっています。正直驚いてしまいました。この前は西池で約3000羽ものトモエガモを見たばかりで、夢を2度も見せてもらったようです。
    EJ3Q3330_1 20210209

     帯の長さが如何に長いか、竹生島をバックに記録として撮ってみました。
    EJ3Q3329_1 20210209

    ▲Page top