オオハクチョウ 北帰待機組に混じって行動しています - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    オオハクチョウ 北帰待機組に混じって行動しています  

     平成28年3月8日撮影。
     湖北で冬を過ごしていたコハクチョウは既に多くが北へ旅立ち、約3分の1が残っています。この北帰待機組は野鳥センター前と山本山近くの田んぼとを往復するだけです。ビオトープなどにはその姿はなく一抹の寂しさが漂っています。コハクチョウとともに愛嬌を振りまいてくれたオオハクチョウ一家もこの群れに混じって過ごしています。何時旅立ってもおかしくないカウントダウンの状態ですので、都度観察しています。

     オオハクチョウの幼鳥3羽と成鳥1羽がコハクチョウとともに採餌していました。中央一番手前の幼鳥はコハクチョウです。
    CF1A6670 20160308

     もう1羽のオオハクチョウの幼鳥は、少し離れたところでご機嫌麗しく採餌していました。
    CF1A6672 20160308

     稲のひこばえを食べています。この表情からは、きっと美味しくてたまらないようですね。
    CF1A6690 20160308

     稲は刈り取った後でも、ひこばえが育ち籾をつけます。旅立ちに備え栄養補給のためか、この籾を必死で食べています。
    CF1A6715 20162308

     オオハクチョウの幼鳥もみんなと一緒に籾をしごいて食べていました。
    CF1A6732 20160308
    コメント

    もうすぐ お別れですね。

    当地に飛来したコハクチョウは 先週 全て北帰したそうです。
    暖冬の影響でしょうか、
    飛来はかなり遅く 北帰は例年より早く アッという間の僅かな逗留で 
    今年の白鳥シーズンは終了しました。
    ハクチョウだけではなく 他の冬鳥の飛来も 
    今年は個体数が少なく 寂しい冬となりました。

    珍鳥の飛来もありましたが・・・これも地球の温暖化の影響なんでしょうか。

    ブログ楽しみにしています。
    お身体 ご自愛なさって 
    これからも 湖北の風 感じさせてくださいね!


    imari #- | URL
    2016/03/17 13:15 | edit

    Re: もうすぐ お別れですね。

    imariさんへ

    コハクチョウは今日の未明までに北帰したようですが、10羽ほどが
    センター前に戻ってきたようです!

    今日は通院の帰りにセンター前を覗いた時には、数羽のみで昨日100羽ほど
    いたコハクチョウの姿は無かったので、頭の中が真っ白になっていました。

    昨日まで観察を続けていましたので、寂しさは拭えませんが何時北帰するか専門家でも
    分からないコハクチョウですので仕方がないです。

    この秋には必ずやって来ますので、機会があれば是非お越し下さい。

    kaitsuburi #- | URL
    2016/03/17 19:02 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/2819-ab17d025
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top