シメとイカル 農業用溜池付近にて - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    シメとイカル 農業用溜池付近にて  

     平成29年3月22日撮影。
     今季はシメの姿は殆ど見ることができず、たまに見てもチラッと姿を見せるだけで撮る機会がありませんでした。農業溜池付近ではイカルの群れに混じっているか、シメ1羽だけで行動しているかのどちらかです。1羽だけの方が撮りやすいのですが、イカルと一緒の時は近付くと一斉に高い木に待避してしまいます。

     採餌に夢中のシメ。色が淡いのでメスでしょうか。
    CF1A6869 20170322

     口いっぱいにほおばっているいるようです。
    CF1A6874 20170322

     シメとイカル。似たもの同士ですが、シメの目つきは鋭く怖い感じがします。湖北では冬鳥のシメですが、3月の下旬になってやっと撮れたという思いです。
    CF1A6891 20170322

     近くの水路にはイカルが水飲みにやって来ていました。手前のヒヨドリが水浴びしている様子を見つめるイカル。
    CF1A6912 20170322

     水路に入ったイカル。何をするのかと見ていると・・・。
    CF1A6940 20170322

     ヒヨドリと同じように水浴び開始。此処は食べ物も、水飲み場兼水浴び場もあり小鳥たちにとっては楽園のようです。
    CF1A6954 20170322
    コメント

    kaitsuburiさん こんにちは。
    シメとイカルが一緒にいるなんて、珍しいのが撮れましたね!!
    確かに似たのもどおしですね。
    野鳥観察を始めた頃、どっちがシメで、どっちイカルか
    迷った記憶があります。
    それにしてもシメの目つきは怖いです。(笑)

    森の樹 #- | URL
    2017/04/04 17:38 | edit

    Re: タイトルなし

    森の樹さん
    こんばんは。
    コメント有り難うございます。

    イカルは何処にでもいるようですがシメは少なかったようです。
    湖北ではイカルとシメ、コイカルとの混群が見られます。
    この場合、シメとコイカルのメスが酷似していますので、撮影者泣かせとなります。

    関東はシギチの数や種類は凄いですね。
    湖北は海はなく琵琶湖で淡水湖むですから、数は少なく宝探しのようです。

    最近は千葉県野田市放鳥のコウノトリがやって来たり、豊岡の姉妹のコウノトリがやって来たりで、
    自宅からすぐ近くですので大忙しとなっています。

    これからは季節が良くなりますので何かと楽しみですね。

    kaitsuburi #- | URL
    2017/04/04 19:01 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3431-76342d86
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top