アオアシシギ 姉川河口にて - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    アオアシシギ 姉川河口にて  

    平成29年5月17日撮影。
     今季は遠いところばかりでしか見られなかったアオアシシギ。この日も姉川の河口先端の浅瀬で遠くからのご対面です。ピントを合わすのも難しいような距離であることは、現地を知っておられる方はご存じの通りです。例年は田んぼとか橋の上から思うように撮れたのが嘘のようです。

     浅瀬で8羽のアオアシシギ。今季は出会えただけでも、と思っています。
    CF1A1929 20170517

     アオアシシギの浅瀬にダイサギがやって来ました。アオアシシギはそんなには小さいとは思っていませんでしたが、大人と子供のようです。
    CF1A1940 20170517

     アオアシシギは、1羽飛び、そして2羽飛びで残るは3羽のみ。波が押し寄せ居心地が良くなかったかも。
    CF1A1977 20170517

     対岸を飛んでいくアオアシシギ。今季は終始遠くから出会いとお別れのようでした。
    CF1A1992 20170517
    コメント

    こんばんは。

    今日のニュースで雷鳥が人工孵化で2羽誕生したとのことですね。
    とっても嬉しいニュースでした。
    30年近く前、西穂高岳に登った時に岩陰から2羽出てきた雷鳥に会いました。
    今でもその光景は忘れられません。

    okko #- | URL
    2017/06/18 23:30 | edit

    Re: タイトルなし

    おはようございます。

    ライチョウも地域によっては絶滅と今となっては極めて貴重な鳥となってしまいました。
    特別天然記念物として保護され、人工孵化の取り組みは自然環境を考える良い機会にもなると思います。

    イワヒバリは里にも下りてきますが、ライチョウは如何に寒くても山の上で暮らしますので
    出会う機会も少ないですね。
    ライチョウとの出会い、貴重な経験ですね。

    kaitsuburi #- | URL
    2017/06/19 05:26 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3522-4d1a1f5a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top