チョウトンボなど 西池にて - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    チョウトンボなど 西池にて  

     平成29年6月19日撮影。
     コウノトリを撮ったあと時間がありましたので、西池に立ち寄ってみました。冬場はオオヒシクイなどの観察のためよく訪れますが、夏はハスの花を見るくらいです。到着すると夥しいチョウトンボの群れが飛び交っていました。そして、カンムリカイツブリの姿も見掛けました。毎年湖岸で見られる光景がここにもありました。

     チョウトンボ。湖岸より数多くのチョウトンボがいるような気がしました。
    CF1A3441 20170619

     チョウトンボの飛び姿。
    CF1A3496 20170619

     赤色が映えるショウジョウトンボ。何れも池のフェンスなどから簡単に撮れました。
    CF1A3491 20170619

     池にはカップルでしょうか、2羽のカンムリカイツブリの姿も。
    CF1A3456 20170619
    コメント

    こんばんは^^

    チョウトンボ、輝くような美しい羽の蝶ですね。
    ショウジョウトンボも燃えるような赤い色でとても綺麗~

    カンムリカイツブリの雛たちも食欲旺盛で
    成長していますね。
    大きくなると住む場所も変わっていくのでしょうか...

    この所、とても暑いですね。
    こちらも今日は34℃になりました。
    とても暑くて外にいると頭がボーッとしそうです。
    kaitsuburiさんもこの暑さ、
    体調に気をつけてお過ごしくださいね^^

    harmony #- | URL
    2017/07/14 21:31 | edit

    Re: タイトルなし

    おはようございます。
    コメントを頂き有り難うございます。

    このトンボたちはとても綺麗で、これからも観察を続けたいと思っています。

    カンムリカイツブリのヒナは潜れるようになり、時分で餌を捕れるようになれば、
    琵琶湖の葦原付近で生活しているようです。
    湖岸で観察していると、縞模様が残っている幼鳥を見掛けることがあります。

    午前9時頃にもなると急に温度が上がり、温度計は壊れているのかと思うほどの
    高い気温を示しています。

    東北とか北海道は涼しいと思っていますが、そうでもないのですね。
    夜も寝苦しく、日中は猛暑となりますので、
    この時期を乗り越えるべく、体調管理には万全を期してください。

    kaitsuburi #- | URL
    2017/07/15 05:50 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3564-9e4d6179
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top