カンムリカイツブリの求愛 この日も見られました - 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    カンムリカイツブリの求愛 この日も見られました  

     平成29年6月20日撮影。
     続いてヒナが孵りそうなので様子を見にいつもの川に出向きました。ヒナはまだ孵ってはいないようでしたので、浮巣の周辺を見渡すとカンムリカイツブリの求愛ディスプレイが見られました。この鳥はもともと美しい鳥で、求愛ディスプレイは特異な行動の光景でもあり、自然に目が釘付けになってしまいます。

     カンムリカイツブリの産卵は3月~8月にかけてですので、この期間は求愛ディスプレイが見られるようです。
    CF1A3651 20170620

     お互い見つめ合って、首を振ったり色々な行動をし合って意思表示をしているようです。一番幸せな時のようです。
    CF1A3654 20170620

     エンドレスのように続く求愛ディスプレイを逆光で撮ってみました。
    CF1A3657 20170620
    コメント

    こんにちは。

    カンムリカイツブリは毛皮のエリマキでもしているようで優雅ですね。私は冬に草津の浜で遠目に見たことがあるだけなので、このように写真で見せていただくと親近感が湧きます。

    今日の朝日新聞社説には「コウノトリ ともに生きる環境を」とありました。
    最近コウノトリに関する記事が多いですね。
    個体数が増えてきたとはいえ依然絶滅危惧に変わりなく、田んぼや里山も減る一方、難しい問題です。

    okko #- | URL
    2017/07/16 15:34 | edit

    Re: タイトルなし

    こんばんは。

    カンムリカイツブリは確かに綺麗で、落ち着きもあり優雅です。

    今日、久しぶりに何時もの川に観察に出向きました。
    ギャラリーは誰もいませんので望み薄と思いつつ、2羽のカンムリカイツブリを
    観察すると背中が膨れていましたので、待っているとヒナが頭を出しました。

    コウノトリの問題は難しい面も併せ持っています。
    豊岡では多くのヒナが巣立ち、飽和状態に近いのではないでしょうか。
    縄張り争いも激しくなり、傷つくコウノトリもいるようで、食べるものも果たして
    毎年増えるコウノトリに十分とは言い難い状況かと思われます。

    この問題は、兵庫県や豊岡市だけでは無理なようで、国レベルでの野生復帰の取り組みが
    必要と思うこの頃です。

    kaitsuburi #- | URL
    2017/07/16 19:26 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3566-e53e1244
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top