ムナグロ この日が撮り納め - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ムナグロ この日が撮り納め  

     平成29年10月26日撮影。
     オオヒシクイとコハクチョウがいる田んぼ付近には過日(10月17日)ムナグロがいましたので、低速でゆっくり走行していると運良く見つけることができました。春の渡りの時は田植え後で見つけやすいですが、秋の渡りでは、冬羽で目立たないため二番穂が育っていない切り株だけの田んぼでないと見つけることが困難です。

     広い田んぼで採餌したり休憩したりして過ごしています。一定時間が経てば、集団で隣の田んぼなどへ移動します。十数羽いました。
    CF1A8530 20171026

     「会うは別れの始め」という言葉がありますが、旅鳥との出会いは特にそのように感じます。10日足らずの出会いで、まだいるような気がして、翌日以降も探しましたが湖北を後にして旅立ってしまったようです。
    CF1A8556 20171026

     後ろ向きの姿は狙って撮ったもので、画像を拡大し後ろ指のあるなしを確認するためです。拡大してみると後ろ指はなく、ムナグロの決め手となる最大の特徴が確認できました。
    CF1A8568 20171026
    コメント

    こんにちは^^ ご無沙汰していますm(_ _)m

    ムナグロ、旅の途中なのですね。
    この場所にしばらくいて湖北の方へ移動~
    数日後には姿が見えなくなってしまうのは寂しく感じますね。

    ここ数日、寒気で寒くなりました。
    湖北の方も寒くなったでしょうね。

    kaitsuburiさん、ご自愛下さいね^^♪


    ハーモニー #- | URL
    2017/11/20 14:24 | edit

    Re: タイトルなし

    ハーモニーさん
    こんにちは。

    コメント有り難うございます。

    冬鳥は長く越冬しているため滞在しますが、旅鳥は来たかと思うと直ぐに旅立って
    目的地に向かってしまいます。
    中継地で立ち寄っているだけなので仕方がないですが、お愛想なしで呆気ないですね。
    しかし、出会いは自然の不思議さを肌で感じることが出来、何だか得をしたような気にもなります。

    青森は既に積雪のようですね。
    車の運転など十二分にご注意して下さい。
    急激な寒さのようですので風邪などもひかないように。

    紅葉と冠雪。見頃は短く、雪は駆け足で里におりてきます。
    湖北も1000㍍級の山は過日に初冠雪となりました。
    雪のおまじないのように、ゆきんこが飛んでいましたので間もなく降雪のようです。

    冬じまいの準備で外で作業していると手足の先がが痛くなるほどです。
    しばらくの間、元気よく冬ごもりですね。

    それからキツネも優しい人には近づくのですね。
    素晴らしい光景です。

    kaitsuburi #- | URL
    2017/11/20 17:14 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3695-5c89c02a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top