仲良しマガンたち 下八木付近にて - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    仲良しマガンたち 下八木付近にて  

     平成29年10月30日撮影。
     この日もマガン、オオヒシクイ、コハクチョウが同じ田んぼで仲良く過ごしていました。湖北を代表する冬鳥3種が琵琶湖以外で一緒に仲良く過ごす光景は珍しく、私が観察してきた範囲では今季が初めてです。ほのぼのとして、出会って良かった光景を撮ってみました。

     前列がマガンたち。右端はオオヒシクイで1羽だけいました。
    CF1A8804 20171030

     マガンたちは隣の田んぼに移動。
    CF1A8871 20171030

     マガンの親子。左は幼鳥。
    CF1A8909 20171030

     マガンもコハクチョウと同じく親子ファミリーで行動しているようです。
    CF1A8928 20171030

     仲良しのマガンとオオヒシクイ。心も大接近のようです。
    CF1A8931 20171030

     マガンとオオヒシクイ。お互い良い表情をしています。
    CF1A8966 20171030

     今年は幼鳥が少ないようですが、立派な大人になって湖北に戻ってきてくれたのかな。そうであれば、嬉しい限りです。
    CF1A8942 20171030

     そばにいたコハクチョウたちも楽しそうです。
    CF1A9076 20171030


    コメント

    こんにちは^^

    ハクチョウ、たくさん姿が見られますね。
    マガンの親子。口を開けている幼鳥はあどけなくてとってもかわいい~

    ハクチョウもケンカしているように見える時があっても
    ちゃんと加減を知っているのですね。

    田んぼの中、皆、ゆったりとして心地良さそうです^^♪

    ハーモニー #- | URL
    2017/11/22 13:51 | edit

    Re: タイトルなし

    こんばんは。

    コハクチョウは年末位までは数が増えてきます。
    その内オオハクチョウもやって来ます。

    東北方面はオオハクチョウが多いようですが、立派で見ごたえがありますね。
    湖北にはオオハクチョウは10羽程度しか来てくれませんが、好きな鳥ですので
    飛来を心待ちにしています。

    昨日は朝の外気は1℃、滋賀県を取り囲む高い山々は雪で真っ白でした。
    冬本番がそこまで来ていますので、雪かきのスコップ、雪を運ぶ一輪車に空気を入れたり、
    裏庭の竹を切ったり、棕櫚の葉を積雪で邪魔になりそうなものを切ったりと大忙しでした。

    今日もコハクチョウたちは、寒くて風が強い日でしたが田んぼで仲良く過ごしていました。
    湖北も近畿地方では寒くて雪が多い地方ですが、コハクチョウたちから元気を貰いながら
    春を迎えるのも楽しみです。

    kaitsuburi #- | URL
    2017/11/22 17:31 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3698-ef435d4f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top