マガンの大集団 北帰行の途中? - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    マガンの大集団 北帰行の途中?  

     平成30年2月13日撮影。
     びわ認定こども園近くでコハクチョウの集団を観察しアメリカコハクチョウが3羽寄り添っているところも撮影できて、あとタヒバリなどを探しているときに、やや甲高い独特の鳴き声が空から聞こえてきたため見上げると、今までに見たこともないマガンの大集団が飛来。 一旦びわ支所近くの田んぼに降り立ったものの、すぐに飛び立ち姉川を越えて川道方面の田んぼに向かったのでその後を追ってみました。

     カモの大集団かとも思えましたが鳴き声が独特のため、よく見るとマガンでその数は約200羽位だったようです。数え切れない程の大集団で、あたかも宮城県のマガンの越冬地にいるような不思議な体験となりました。北帰行の途中だったのでしょうか?北陸方面の空前の大雪のための緊急避難だったのでしょうか?
    CF1A7658 20180213

     頭上を通過するマガンたち。
    CF1A7668 20180213

     降り立ったところは川道の交差点近くの田んぼで、少し離れた所にはユーハイム滋賀工場など大きな工場があります。
    CF1A7718 20180213

     圃場整備され広い田んぼを埋め尽くすほどのマガン。最近、約50羽のマガンを撮ったのが最も多い数でしたが、今回は比較にならない大集団でした。
    CF1A7730 20180213

     降り立ったのは、二番穂を食べるためのようで相当空腹のように見受けられました。 
    CF1A7780 20180213

     隣の田んぼへ飛んで移動するマガンたち。
    CF1A7916 20180213

     次々に降り立っていました。此方の田んぼの方が食べ物が良さそうだったのかもしれません。
    CF1A7938 20180213

     田んぼのマガンを撮っていると、更に同じくらいのマガンの大集団がいわゆる雁行スタイルで上空を通過していました。マガンは魅力的で好きな鳥ですが、好きな度合いはマガンの数に比例はしましたが、むしろ驚きの方が大きく、今までに味わったことの無い感動場面でした。
    CF1A7943 20180213
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3811-845f7e97
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top