コハクチョウA66&A27が同じ田んぼに - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    コハクチョウA66&A27が同じ田んぼに  

     平成30年2月19日撮影。
     毎年コハクチョウを観察していますが首にGPS発信器付きコハクチョウが観察できたのは今季初めてでした。今月に入って更に1羽と計2羽も観察できるとは思ってもみませんでした。2月10日に観察したA66と記された足環の個体は、北陸方面が空前の大雪のため湖北に緊急避難しているものと思われます。

     最初はA27しかいませんでしたが、途中飛来してきたA66。山階鳥類研究所に撮影情報を報告しており、同研究所の吉安研究員様から放鳥情報が届きましたので、以下お知らせします。
     赤「A66」 2017年8月25日。ロシア、チュコトカ、チャウン湾のGuba(68°49′N  170°34′E)で、成鳥に標識を付け放鳥。同年12月石川県羽咋郡志賀町で観察。との情報をいただきました。やはり、北陸からの飛来だったのですね。有り難うございました。
    CF1A0779 20180219

     他のコハクチョウと同じように稲の二番穂を美味しそうに食べていました。
    CF1A0823 20180219

     シジュウカラガンとA66が挨拶を交わしている様に見えます。A66は石川県から飛来しており、シジュウカラガンも河北潟で確認されていた個体であればお互い初対面ではなさそうです。お互い、予期しないところでバッタリ出会ったのかも知れませんね。
    CF1A0858 20180219

     着標された足環からA66、そして3936が読み取れます。
    CF1A0935 20180219

     少し拡大すると鮮明に数字などが読み取れます。
    CF1A0936 20180219

     此方は早くから飛来していたA27。既に撮影された方も多いと思われます。
    CF1A1093 20180219

     元気溌剌のA27。標識類はロシアで着標されているのは明らかで、改めて遠路はるばる大変だったね、という気持ちで観察しています。
    CF1A1107 20180219

     A66。A27と全く同じ形式の着標がされています。
    CF1A1201 20180219
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3824-1675957f
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top