ボタンインコがやって来ました 自宅にて - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ボタンインコがやって来ました 自宅にて  

     平成30年6月2日撮影。
     庭で花を撮っていると梅の木から奇麗なそして大きい鳴き声が聞こえてきました。聞いたことがない鳴き声に梅の木を凝視。茂っているため姿は見えませんが、依然として鳴き声は聞こえてきます。すると何か種類は分かりませんが鳥が飛び出し、自宅前の電線に留まりました。!・・・、何とボタンインコではありませんか。慌てて野鳥撮影用のカメラを持ち出し撮影したものです。

     飛んでしまっているかと思って駆けつけると、まだ平然と電線に留まってゆっくりしていました。
    CF1A4891 20180602

     かごぬけのボタンインコのようで、人慣れしているようです。私をしげしげと見ています。
    CF1A4909 20180602

     そして余裕の羽繕い。
    CF1A4968 20180602

     暫くすると近くの倉庫に飛び移り遊びだしました。本人は自由の身になってご満悦のご様子。インコの餌をお皿に入れて呼んでみましたが、お気に召さないようで飛んでしまいました。アフリカの鳥で、厳しい寒さの日本で自然界では生き抜くことは出来ません。愛嬌良しのボタンインコでしたので心配です。
    CF1A4990 20180602

     庭で撮っていた花はクジャクサボテンなどでした。
    CF1A4842 20180602
    コメント

    こんにちは。
    ボタンインコ、心配ですね。
    何処からか逃げだしたのでしょうね。
    家にもボタンインコ飼ってます。
    きっと、自然界では自分で餌採りが出来ないと思います。
    可哀想ですね。
    以前、家のコザクラインコが脱走した時は、仲間のコザクラインコの
    入ったゲージを持って道路まで行ったら、なんと、鳴き合ってから、
    私の元へ飛んで帰ってきたエピソードがあります。

    森の樹 #- | URL
    2018/06/18 17:49 | edit

    Re: ボタンインコ

    森の樹さん
    こんばんは。
    コメント有り難うございます。

    まさかのボタンインコでした。
    逃げないで自宅直ぐそばで寛いだり遊んでいましたのでセキセイインコの餌を
    お皿に入れて呼んでみましたが残念ながら来てはくれませんでした。
    日本の気候では生き抜くことは無理なうえ、餌捕りも難しく飼ってあげたかったのですが残念です。
    自由の身となったばかりのようで、天真爛漫に自由を謳歌していたようで、現実を悟ったときの様子を思うと
    可哀想です。

    以前、セキセイインコのかご脱けが自宅にやって来た時は、手乗りだったようで直ぐに肩に飛びついてきました。
    約10年家族の一員となってくれました。
    今は別のセキセイインコ3羽がとてもなついてくれています。

    kaitsuburi #- | URL
    2018/06/18 20:53 | edit

    ボタンインコ、どこかの家で飼われていたのかもしれません!
    今は暖かくて 食べ物の見つけやすいのですが、
    寒くなると心配ですね。

    それに自然界には天敵も...

    誰かの所に飛んで行って保護されるといいのですが...

    harmony #- | URL
    2018/06/21 12:28 | edit

    Re: タイトルなし

    > ボタンインコ、どこかの家で飼われていたのかもしれません!
    > 今は暖かくて 食べ物の見つけやすいのですが、
    > 寒くなると心配ですね。
    >
    > それに自然界には天敵も...
    >
    > 誰かの所に飛んで行って保護されるといいのですが...

    kaitsuburi #- | URL
    2018/06/21 19:02 | edit

    Re: タイトルなし

    最初は大きくて奇麗な鳴き声が頻りに聞こえていましたので、
    覗き込んでいると飛び出しましたので、そのまま飛び去るものと思っていました。

    直ぐそばの電線などに留まり、近くで撮っているのに逃げないのは人慣れしているボタンインコ
    で、飼われていたのに間違いないと思います。
    カゴの掃除の時などに逃げ出したのではと思っています。

    アフリカの暑いところの鳥で、日本の冬では暖房がいるくらいですから自然界で生き抜くことは無理です。
    仲間のいるところに行く可能性もありますので、保護されることを願っています。

    kaitsuburi #- | URL
    2018/06/21 19:24 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3957-5435e5d6
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top