カンムリカイツブリのヒナ 生まれたて - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    カンムリカイツブリのヒナ 生まれたて  

     平成30年6月28日撮影。
     この日の撮影目的はカンムリカイツブリの生まれたばかりのヒナを撮ることでした。複数個の巣で抱卵していましたので、チャンスがあればと期待して現場到着。少し前に観察したヒナたちは既に琵琶湖へと出てしまったようですが、2組くらい背中にヒナを乗せて泳いでいる姿も見られました。橋の上からカイツブリの親子を撮っていると、そばのカンムリカイツブリが転卵のため立ち上がると背中からポロリと転がり落ちたものが。

     転がり落ちたのは、卵と大きさが変わらない小さな生まれたてのヒナ。
    CF1A3957 20180628

     上手く気が付いて撮影するも小さすぎてピント合わせも一苦労。ギャラリー全員がカイツブリ親子を連写していましたので、このヒナを撮ったのは私だけのようでした。
    CF1A3973 20180628

     転げ落ちたので親を呼んでいるのか、お腹が空いているのか。大きくクチバシを開けて叫んでいるようでした。
    CF1A4079 20180628

     宇宙人のような、土偶のような。いずれにしても小さな命は神秘的です。
    CF1A4090 20180628

     ということで、小さくて可愛らしくもあり、神秘的なヒナに暫し見入っていました。
    CF1A4100 20180628

     この子は第1子で親鳥の愛情を独り占めです。
    CF1A4109 20180628

     こんなに小さいので泳ぎは下手ではと思っていましたが、泳ぎは天才級。
    CF1A4173 20180628

     生まれての初泳ぎは両親が見守りながら祝福しているようでした。超可愛いカンムリカイツブリのヒナでした。その他の組のヒナは別に載せさせて頂きます。
    CF1A4182 20180628
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/3970-311e6a9e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top