湖北のレンカク Part2 長浜市にて - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    湖北のレンカク Part2 長浜市にて  

     平成30年10月15日撮影。
     Part1からの続きです。恐らく長くは滞在してくれないであろうレンカクですので、色々な撮れる限りの様子を撮ってみました。水鳥ですが多分台湾方面から飛来しているので、飛ぶのはとても達者で、此処と思えばまたあちらで、時によっては沖合までアッという間に飛んで行ってしまいます。近くで採餌しているからといって安心していると、瞬く間に居なくなります。かといって、そのまま雲隠れということでは無く、暫く待っているとやって来ます。面白いレンカクですが撮影はやはり難しいのではないでしょうか。
     
     比較的近い菱の繁茂しているところを採餌しながら泳ぐレンカク。
    CF1A8834 20181015

     菱の上に上がっているところも。
    CF1A8900 20181015

     近くに来たところを低い位置から撮ってみました。
    CF1A8963 20181015

     この日の最短距離だったでしょうか。案外近くに来てくれます。
    CF1A9097 20181015

     菱の上で熱心に採餌していました。雑食性ですので何でも食べるようですが、観察していても何を食べているかは分かりませんでした。
    CF1A8990 20181015

     何か丸いものを食べているようですが、「?」でした。かなりの近くに(十数㍍)来てくれると、かえって慌ててしまって思うようには撮れませんでした。近くに来るという心構えも必要なようです。
    CF1A9125 20181015
    コメント

    しかし

    湖北にはいろんな鳥が来るのですね。
    と言っても初めて聞く鳥が半分。聞いたことがあっても写真で見るのが初めての鳥。

    湖北はもちろんだけど、地球の自然を守る事が大切だとあらためて思います。

    自然を壊すのは人間だけですが。

    加藤建三 #- | URL
    2018/10/18 00:01 | edit

    Re: しかし

    おはようございます。
    コメントを頂き有り難うございます。

    一言で言うと、湖北は野鳥たちの宝庫です。
    琵琶湖のおかげで水鳥だけでも相当なものです。
    山ではオオワシなど季節に応じてかなり魅力的です。

    コウノトリ、レンカク、コハクチョウ、オオヒシクイなどと畑仕事で
    多忙を極めています。

    仰るとおり、自然を壊しているのはまさしく人間です。
    多収穫のため、農薬を多用し、動物を無秩序に捕獲したり、魚類を大型船で捕獲したりと
    人類自身のため原点に振り返る必要があると思っています。
    また、ゴミも地球を覆いつつあるように思います。
    日本海の海岸では外国語表記のペットベトルやプラ容器など国際色が豊かすぎるのに驚いた
    ことがあります。

    kaitsuburi #- | URL
    2018/10/18 05:00 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/4080-1a56c185
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top