トモエガモ飛翔 農業用溜池にて - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    トモエガモ飛翔 農業用溜池にて  

     平成31年1月30日撮影。
     この日の朝はマイナス1℃でしたが晴れのて昼間は9℃と過ごしやすい日となりました。晴れの日は水面が輝いて撮りにくいので、朝早くに先ず近くの農業用溜池にトモエガモの観察に出向きました。何時もは溜池の一番奥まったところにいますが、この日は猛禽に驚いたのか右に左にと飛び回ってくれたおかげで何とか撮ることが出来ました。そうでないといくらテレコンを付けていても如何ともし難い距離でもありますので、ラッキーなトモエガモとの出会いとなりました。

     あと20~30㍍近くを飛んでくれればより鮮明に撮れるのに、と勝手な願望を何時も抱きますが、人が簡単には近付くことが出来ない広大な溜池であるからこそ多くのトモエガモが安心して越冬しているように思えます。
    CF1A5754 20190130
     
     グル~ツと旋回する時、「もっとこちら寄りに!」と心で叫びつつシャッターを押し続けますが、思いは届かないようです。
    CF1A5779 20190130

     毎年数羽しか確認できないトモエガモが恐らく200羽を超える数が越冬しているのは不思議に思えます。
    CF1A5786 20190130

     肉眼での確認は困難で、双眼鏡もほぼ無理、デジスコでやっと確認できるようです。飛翔姿でようやくトモエガモであることが分かるようになります。そんなトモエガモであるため、余計に撮りたくなる気がしています。
    CF1A5837 20190130

     1羽で飛んでいれば、距離的にピント合わせは無理ですが、群れで飛んでいるため比較的簡単にピントを合わすことが出来ているようです。
    CF1A5844 20190130

     水面にはアメリカヒドリも。2羽いますが、寝ていることが多く探すのは宝探しのようで面白さもあります。
    CF1A5543 20190130
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/4194-c651f11b
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top