泥パックコハクチョウ 山本山近くの田んぼにて - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    泥パックコハクチョウ 山本山近くの田んぼにて  

     平成31年2月11日撮影。
     オオワシが飛ぶ様子がないので、近くの田んぼにコハクチョウがいれば例の泥まみれの採餌光景が撮りたく覗いてみました。コハクチョウはこの泥田が大層お気に入りのようでそこそこの数のコハクチョウが採餌しており、その中の数羽が見事な泥パック状態となっていました。

     泥水に頭を突っ込んで採餌するコハクチョウ。
    CF1A3384 20190211

     完璧な泥パック、お見事です。
    CF1A3419 20190211

     少し離れた所にも泥んこのコハクチョウ。
    CF1A3425 20190211

     今年生まれの幼鳥は、泥んこ採餌を知らないのか奇麗です。しかし、親鳥たちは美味しそうに食べていますので、すぐに真似をしそうです。
    CF1A3458 20190211

     この程度は奇麗な方です。
    CF1A3452 20190211

     これだけ見ると、コハクチョウとは思えないほどです。鏡に映った自分の顔を見たら何と思うでしょうか?
    CF1A3470 20190211

     恐らく稲の根っこを食べていると思いますが、泥田のためふやけて食べ易く、味が染みこんで美味しいのかも知れませんね。
    CF1A3471 20190211

     近くの山本山のオオワシ。置物のようにジッとしていました。お腹も膨らんでいるようですので休憩タイムのようでした。
    CF1A3380 20190211
    コメント

    こんな風景がいつの時代まで見られるのでしょうか。今までは、漁業、農家の家ばかりでしたが、ここ20年、新興住宅が琵琶湖沿岸近くまで押し寄せてきています。年々、長浜市に野鳥を見に来られる方が増えています。立派な観光資源だと思いますので、そのことも踏まえての都市計画を願うばかりです。

    #- | URL
    2019/03/10 18:53 | edit

    Re: タイトルなし

    コメント有り難うございます。
    特に一旦絶滅した野鳥との接し方は難しい面が多々あります。
    私たちはコウノトリの定着に地元の理解の元、定着できる環境整備に最善を尽くしています。
    しかし、警戒心の強いコウノトリに田んぼの中に三脚を設置したり、畔を歩いて際限なく近付いたり、農道に車を止めて三脚を設置したりしての撮影をよく目にします。
    地元の一人として、最低撮影マナーは守って頂きたいと願うばかりです。

    kaitsuburi #- | URL
    2019/03/10 19:24 | edit

    こんばんは。

    こんなに泥だらけになりながら、餌を求めているのですね。
    北帰行といい、鳥の世界も厳しいのですね。
    いつもすばらしい写真、ありがとうございます。

    yamashiro94 #- | URL
    2019/03/23 21:08 | edit

    Re: こんばんは。

    yamashiro94さん
    コメント有り難うございます。
    湖北には四季に応じて色々な野鳥が見られ、その自然の不思議さ、
    美しさに惹かれ記録的な撮影をしています。
    何でも撮っている関係で、ブログ掲載が遅れがちですが今後とも宜しく
    お願い致します。
    貴殿の素晴らしい写真を今後とも楽しみにしています。

    kaitsuburi #- | URL
    2019/03/24 07:36 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/4223-372f0b0e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top