コウノトリ4羽、足環が確認できない・・・ その2 長浜市にて - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

     令和元年7月25日撮影。
     その1からの続きです。例の4羽はやっと飛んでくれて幸いにも畦とか農道それも草刈りがされているところで、とてもラッキーで待った甲斐があったことを実感しました。しかし、ご紹介するようにこの4羽のコウノトリたち、何処で採餌していたのか脚環は泥まみれで、消去法で何とか見当がついたというか、見当をつけたという方が正しいような状態でした。一部は間違ってコウノトリ市民科学に報告してしまっているようです。

     飛んだのは、足環なし君です。脚環が未装着の個体の飛翔姿は初めての撮影です。脚環が未装着というのは、どういった場合なのか?想像が膨らみます。
    CF1A3656 20190725

     田んぼから出て来たのは、足環なし君です。手前はJ0167。
    CF1A3688 20190725

     J0167でリーダー的存在。皆を連れて来たようです。
    CF1A3678 20190725J0167

     ザリガニを捕ったJ0167。
    CF1A3903 20190725J0167

     J0230で今年生まれの幼鳥です。昨年は幼鳥がたくさん飛来しましたが、J0230が今年の第1号です。
    CF1A3711 20190725J0230

     農道を歩くJ0230。幼鳥らしく、体がほっそりして幼い感じです。
    CF1A3783 20190725J0230

     これが脚環の確認判断を誤ったと思われる個体。泥んこで無理と言えば無理かも知れませんが、どうもJ0202ではないかと思い始めています。
    CF1A3807 20190719J0202

     
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/4400-9b508188
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top