ハマシギ、至近距離で 尾上漁港にて - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    ハマシギ、至近距離で 尾上漁港にて  

     2020年(令和2年)2月12日撮影。
     オオワシ撮影の時漁港の上をオオヒシクイの集団が賑やかに通過した後、防波堤に5~6羽のハマシギが遠くから採餌しながら近付いて来るのに気付き山本山とは反対方向にレンズを向けて待ちました。トウネンやハマシギはフレンドリーなシギで警戒心なく近付いて来ますので、レンズのフォーカスリミッターは最短に設定しています。秋には河口でトウネン、ハマシギなど足元近くまで寄ってきたのを撮っています。遠ざかることはないのでゆっくり撮影することが出来ました。

     ハマシギが防波堤沿いに何かを頻りに捕りながら近付いて来ました。
    CF1A5275_1 20200212

     ハマシギの腰あたりに蚊のようなものが飛んでいます。ハマシギがいなくなって確認したのですが、防波堤の上にはこの蚊のようなものが結構這い回っていました。蚊のようなものはユスリカです。ハマシギはこのユスリカを食べていたのです。
    CF1A5279_1 20200212

     これ以上近付くとピントが合わないギリギリのところで採餌しています。
    CF1A5261_1 20200212

     ハマシギは防波堤のびわ湖寄りを綱渡りのようにユスリカ捕りに夢中です。
    CF1A5284_1 20200212

     この2羽が積極的に近付いてくれました。
    CF1A5299_1 20200212

     河口では両足に標識が取り付けられているハマシギを撮っていますので、再会を期待していたのですがいませんでした。
    CF1A5302_1 20200212

     急ぎ足で近付いて来るハマシギ。漁港での楽しみの一つです。
    CF1A5213_1 20200212

     そして、スタンバイ位置からびわ湖を見ると羽目リカヒドリのつがいの姿。最近よく見掛けます。
    CF1A5384_1 20200212

     暫くするとアメリカヒドリの姿が無いので探すと、岸に上がって就寝中でした。頭部のグリーンが奇麗に輝いていました。何かと移り気の多いオオワシ撮影でした。
    CF1A5469_1 20200212
    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # | 
    2020/02/25 17:28 | edit

    Re: タイトルなし

    こんばんは。何時もご訪問頂き誠に有り難うございます。
    近年は電子機器の進歩はついて行けないくらいです。一旦発信すれば全世界にアッという間にということにもなります。
    私も日々新しいことに悪戦苦闘しています。
    最近驚いたのは、確定申告を電子申告したのですがペーパレスでアッという間に済んでしまいました。
    確定申告書を書く手間も要らず、税務署に出向く必要もなく時代も変わったな、と実感しました。

    デジタル時代も活用次第では楽しいものです。
    今後も宜しくお願い致します。

    kaitsuburi #- | URL
    2020/02/25 21:06 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/4579-f4026470
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top