一見平和そうなでも危険が 長浜市にて - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    一見平和そうなでも危険が 長浜市にて  

     令和2年(2020年)6月1日撮影。
     コウノトリを撮影していると、ケリのけたたましい鳴き声が聞こえて来たのでその方向を見るとケリの親鳥がキツネを威嚇というか捨て身の攻撃をしていました。遠くて無理かなと思いましたが、咄嗟にレンズを向けて連写。この時期はケリのヒナが誕生しあちらこちらでヒナの姿を見ることができます。私はコウノトリやオオワシ以外の特定の野鳥を観察するために出向くということは余りなく、ついでにため池や漁港などで珍しい鳥などを撮影することが多いです。この日はコウノトリ撮影中にきつねをが撮れました。コウノトリがいて、畔でケリのヒナが遊んでいるのどかに思えますが、自然とは食物連鎖の世界で厳しさを実感しました。

     タジタジで逃げるキツネを追いかけて攻撃するケリの親鳥。2羽の親鳥で手に負えないときは周りから応援もやって来ます。
    AB0D5442_1 20200601

     キツネは悪気なしに生きるためケリのヒナを狙ったようです。キツネは予期しない猛烈な反撃に逃走を余儀なくされています。
    AB0D5447_1 20200601

     キツネとケリのバトルは、このコウノトリの撮影中に勃発。ケリが騒いでいるな、と騒いでいる方向に目を向けなければ何が起きているのかも分かりません。何でも注意深くですね。
    AB0D5459_1 20200601

     畔のケリのヒナ。これもケリのヒナに特定して、ジッと待っていれば可愛らしいのが撮れそうですが、私にはその辛抱ができません。
    AB0D5646_1 20200601

     ケリのヒナは見ていると可愛らしく見飽きませんが、撮影となると別世界で巧くは撮れません。
    AB0D5648_1 20200601
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/4712-0c38ad0c
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top