ホオジロガモ、やっと沖合で 長浜市にて - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ホオジロガモ、やっと沖合で 長浜市にて  

     令和3年(2021年)2月20日撮影。
     今季の冬鳥の飛来数には理解しかねるような状況があります。コハクチョウはこれまでになく最大飛来数を記録したり、シジュウカラガンの12羽もの群れが飛来したのも初記録、オオワシの若鳥も飛来、そしてトラフズクも姿を見せました。またトモエガモも溜池に記録的な数の飛来となりました。反面、ミコアイサ、ホオジロガモなどは余り見掛けることがなく湖上のカモ類も少ないように感じました。

     例年撮影に苦労することなく撮っているホオジロガモですが、今季は余り見掛けずでした。やっと尾上漁港から取水塔付近のホオジロガモを発見。遠かったのですが撮っておかないと撮影チャンスは無いものとシャッターを押しました。
    EJ3Q4668_1 20210220

     パタパタをしてくれたのがせめてもの救いでした。
    EJ3Q4670_1 20210220

     ほおに目立つ白斑があるのが面白いかもですが、メスから見たらきっと素晴らしく見えるのかも知れませんね。
    EJ3Q4672_1-20210220.jpg

     メスも近くを泳いでいました。カモ類は雌雄異なる姿のが多いですがホオジロガモも全くそれに当てはまります。オスはメスのこの姿がとても魅力的に感じるのでしょうね。メスは抱卵という大切な仕事があるので、目立ちにくい姿をしているのでしょうね。
    EJ3Q4662_1-20210220.jpg

     おまけ:湖上をミサゴが通過していきました。
    EJ3Q4692_1 20210220
    コメント

    ホオジロガモ やっと沖合で 長浜市にて

    Kaitsuburi様、今晩は。
    ホオジロガモ、羽根が綺麗なカモですね。

    今シーズンは特定の場所に赴いての撮影が多かったので、
    冬鳥の撮影は苦戦しました。
    先日、撮影した(嘯)以外はさっぱりで、
    コロナの感染者数は一桁になりましたが、
    油断できない状況が続いており、
    カワアイサ等は撮影出来ずに春を迎えそうです。



    Tomie #- | URL
    2021/03/06 17:46 | edit

    Re: ホオジロガモ やっと沖合で 長浜市にて

    Tomie 様
    こんばんは。
    コメント、有難うございます。

    ホオジロガモは例年近距離でも撮っていたのですが今季はサッパリでした。
    このカモは野鳥撮影を始めた頃、メスを撮って種類が分からず苦労したので忘れられないカモです。
    それ以来、カモのメスの種別判定は苦手となっています。

    土日祝日の撮影は遠慮していましたので、何でも無い鳥までも撮っていないシーズンでした。
    コロナに感染せずに春を迎えられたことだけでも良しとしています。

    緊急事態解除を額面通り受け取ると、感染しかねないので私は従前以上に慎重になっています。
    「油断は大敵」です。

    kaitsuburi #s6Q8EMl2 | URL
    2021/03/06 18:19 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/4954-ce56cc7e
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top