コウノトリ5羽、長浜市にて - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    コウノトリ5羽、長浜市にて  

     令和5年(2023年)1月10日撮影。
     今日は朝から大粒のアラレと強い風。しもやけの指が痛みで千切れるくらいの寒さでした。で、外回りの予定していた冬剪定などはせずにPCでコウノトリ市民科学を見ていると湖北にコウノトリが飛来しているではありませんか。天気予報の雨雲レーダーを見ると到着時から暫くは雪も大したことが無いようで、意を決して出向いてみました。現地では5羽のコウノトリを撮影することが出来、そのあとオオハクチョウの親子、足輪付きコハクチョウ、田んぼのオオヒシクイと短時間で私的には内容のある撮影となりました。コウノトリ以外は後日掲載予定です。

     J0444。2022年4月11日に小浜市の巣搭で孵化したオスのコウノトリ。足環は右:青赤 左:青緑。昨年巣搭にいる雛の時に撮影して以来です。近くに来てくれるかな、と思っていたら大きく立派になって仲間とともにやって来てくれました。雛、成鳥と観察できるのは感無量です。とても嬉しく思います。


     J0495。2022年5月19日豊岡市唐川巣搭で孵化したメスのコウノトリ。足環は右:青緑 左:緑黒。厳しい寒さにも平気で活発に動いていました。
    EJ3Q8234_1-20230110.jpg

     J0367。2021年4月22日養父市伊佐巣搭で孵化したオスのコウノトリ。足環は右:赤緑 左:緑黃。
    EJ3Q8248_1-20230110.jpg

     J0396。2021年3月29日朝来市久田和巣搭で孵化したオスのコウノトリ。足環は右:青黒 左:青緑。
    EJ3Q8236_1-20230110.jpg

     「足環なし」です。国内で孵化したコウノトリは原則足環を装着しているので何らかの理由で足環が装着されていないか、大陸から渡ってきているかのどちらかです。日本のコウノトリも中国まで遠路渡っているのですら可能性は色々です。以上全てノートリミングです。
    EJ3Q8465_1-20230110.jpg
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/5463-18087abe
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top