雪の降るくつき本陣と帰路での光景 - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    雪の降るくつき本陣と帰路での光景  

     令和5年(2023年)1月21日撮影。
     今朝は凍てつくように寒く、新聞を取りに外に出ると少しだけ薄っすらと雪が降ったようでした。予てから予定していた高島市朽木のとちもちと原木しいたけ、サバのへしこを買いにくつき本陣(道の駅)に出向きました。近づくにつれ雪が舞い始めましたが大したことはありませんでした。ここの「とちもち」は名人といわれる御婦人が作ったものも販売されており、その絶妙な美味しさが好みです。帰路では晴れ間がのぞいたため、びわ湖の景色などを撮りながら帰宅しました。

     雪が舞う、道の駅くつき本陣。高島市は美味しい食べ物がたくさんあり、魅力的な品揃えでした。多めに色々と買う場合は日曜朝市が開催されます。


     山里を後にして湖岸近くまで来ると、伊吹山が見えたので停車して撮影。
    CF1A8391-20230121.jpg

     停車した近くで何か動くものが。ゴイサギの幼鳥であるホシゴイが道端にいたのでパチリ。
    EJ3Q9936_1-20230121.jpg

     ホシゴイは600㍉で撮ったので、そのまま伊吹山も撮ってみました。ここで私的に思ったのですが、冠雪した伊吹山は何時になく厳しく険しい表情に思えました。間近に迫る未曾有の猛烈寒波のためでしょうか?思い違いであって欲しいものです。
    EJ3Q9939_1-20230121.jpg

     湖岸に出るまでの田んぼで見かけた湖西のコハクチョウたち。寒くても平気な様子です。
    EJ3Q9947_1-20230121.jpg

     湖岸から望む伊吹山。向こうに見える町は長浜。撮影場所は今津です。琵琶湖周航の歌の作者も同じ様な光景を眺めたに違いないと思っています。高島市では防災行政無線での定時放送の前にはこのメロディーが流れます。
    CF1A8396-20230121.jpg
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/5471-cc60285a
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top