テスト撮影でルリタテハなど 自宅などにて - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    テスト撮影でルリタテハなど 自宅などにて  

     令和5年(2023年)8月31日撮影。
     普段撮影に使う機材の軽量化を図るため、新たにカメラ、レンズ一式を購入しました。三脚を含めた機材は可なりの重さとなり、できれば手持ち撮影をメインとするため手ぶれ補正やAF機能の優れているものを選びました。今までに使っていたカメラも必要に応じて使用するためEFレンズも有効活用したく、ミラーレスカメラのEOS R6とEF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+テレコンバーターEF1.4×Ⅲをメイン機材としました。で、設定等も済んだ本日自宅の庭や近くの田んぼでテスト撮影をしてみました。

     EOS R6とズームレンズ。ズームレンズはテレコンバーターを使っても画質の低下は以下のテスト画像のように殆んど無いようです。


     ツマグロヒョウモンのメス。
    2Z6A9709-20230831.jpg

     ピント合わせは容易で、発色もお気に入りです。
    2Z6A9711-20230831.jpg

     このカメラで撮った最初の被写体がツマグロヒョウモン。カメラの進化は初撮影の不安を払拭してくれました。
    2Z6A9712-20230831.jpg

     翅の裏もとても綺麗です。
    2Z6A9713-20230831.jpg

     面白いようにピントが合うのでいくらでも撮ってしまいます。
    2Z6A9719-20230831.jpg

     続いて現れたルリタテハ。何年振りかの撮影で、まさかテスト撮影に現れるとは思いもよりませんでした。
    2Z6A9724-20230831.jpg

     翅の裏側はとても地味です。
    2Z6A9726-20230831.jpg

     翅の裏表が極端に異なり、翅をたたんでいる時は気付きにくいです。
    2Z6A9732-20230831.jpg

     蝶でも鳥でもルリ色は綺麗で魅力的です。この蝶、逃げ足はとても早くサッサと撮る必要があります。
    2Z6A9737-20230831.jpg

     セミの抜け殻。単焦点並みの描写には驚きです。オールキャノンの威力を感じます。
    2Z6A9722-20230831.jpg

    近くの田んぼにトビが集まっていましたので、瞳AFのテストをしてみました。
    2Z6A9761-20230831.jpg

     初撮影でこれだけシャープに撮れて良かったと思っています。コウノトリ、コハクチョウはどの様に撮れるか楽しみです。
    2Z6A9765-20230831.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/5573-85bc3bd4
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top