ビワマスの遡上 姉川のヤナ場にて - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ビワマスの遡上 姉川のヤナ場にて  

     令和5年(2023年)11月7日撮影。
     今日はインフルエンザの予防接種に掛かり付けのクリニックに行きゆっくりしているつもりでしたが、前日と昨夜に激しい雨が降り、まとまった雨で川の流量が増すとビワマスが産卵のため遡上するチャンスでもあり姉川の観察ポイントに行ってみました。ビワマスはアメノウオと言われ、まとまった雨が降ると困難を乗り越え母なる川を目指します。ビワマスはびわ湖の固有種でとても美味しく、各地の湖にも移殖されています。

     ビワマスのオス。精悍な面構えです。急流を飛び跳ねて遡上する様子は圧巻です。


     オスはこの時期婚姻色に色濃く染まって綺麗です。サケ科の魚だけあってサケと良く似ています。
    2Z6A9404-20231107.jpg

     メスのビワマス。
    2Z6A9018-20231107.jpg

     流れが急なため押し流されるビワマスもいます。
    2Z6A9178-20231107.jpg

     堰を越えて、浅瀬を泳ぎ本流へと向かいます。
    2Z6A9263-20231107.jpg

     ビワマスは中流域までたどり着き産卵して力尽き、その一生を終えます。普段はびわ湖に生息しているため、その姿を見ることは出来ませんが産卵のための遡上の時だけは見ることが出来ます。
    2Z6A9290-20231107.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/5637-a04dab67
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top