ビワマスの遡上、命を繋ぐために 高時川にて - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    ビワマスの遡上、命を繋ぐために 高時川にて  

     令和5年(2023年)11月18日撮影。
     毎年11月は運が良ければビワマスの豪快な遡上が見られ、オオワシ、コハクチョウの飛来と結構忙しいシーズンとなります。この日もコハクチョウを観察した後、姉川、高時川でビワマスの遡上を観察することができました。ビワマスはびわ湖の宝石とも呼ばれ、非常に美味しい魚です。私は造りや焼き魚が好きですが、郷土料理である炊き込みご飯も大好きです。
     ビワマスは川を遡上し、産卵。稚魚は川で翌年の春まで過ごし5月頃びわ湖に下り、数年を過ごした後生まれ故郷の川を遡上して産卵後に生涯を終えます。

     雨後の急流を遡上するビワマス。巨体ですので迫力満点です。


     夥しいビワマスが遡上していました。漁協の方の話によると、ここ10年でこのような大量の遡上は見たことがないとの事でした。
    2Z6A2475-20231118.jpg

     ジャンプも数多く見られましたが、モグラ叩きのようなもので何処でジャンプするのか予測できないのでピンボケだらけでした。
    2Z6A2509-20231118.jpg

     流れの浅いところは這うようにして上流を目指していました。
    2Z6A2811-20231118.jpg

     ジャンプしたビワマスは流れの無い所に飛び出ることも。強靭なバネのような反発力を使って流れに戻って行きました。産卵のため命がけで遡上する姿はただただ感心するばかりで、生命の不思議が力強く伝わってきます。
    2Z6A2939-20231118.jpg

     撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/5655-973917cf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top