足環付きコハクチョウ(C12)  早崎内湖から田んぼへ - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    足環付きコハクチョウ(C12)  早崎内湖から田んぼへ  

     令和6年(2024年)1月31日撮影。
     早崎内湖の足環付きコハクチョウ(C12)を撮った後買い物を済ませて、帰路で田んぼまわりをしてみました。コハクチウたちは大雪後は大きく分散しているのでC12探しは困難を極める状況となっていました。連続4シーズン観察している関係で、C12の行動パターンがおおよそ見当がついているので「らしき」グループに近付いてみると、まさにC12がファミリーと思われるグループと採餌していました。それも2021年1月24日に初撮影したときと同じく至近距離でした。

     雪の残る田んぼで採餌しているC12。2020年8月16日にロシアのチャウン湾で足環を取り付けて放鳥されています。放鳥後の翌年に長浜市に越冬のため飛来してきています。金属足環には「AA3828 MOSKVA」と刻印されています。


     人懐こいので近付いても来ますし、心ゆくまで撮影出来ます。
    2Z6A7700-20240131.jpg

     そこでストップ、というくらい近付いてくるC12。
    2Z6A7708-20240131.jpg

     4㍍くらい離れた所で撮っていますが、全く撮影者を意識していないようです。
    2Z6A7739-20240131.jpg

     羽繕いするC12。時間は容赦ないもので、もうすぐ立春で北帰行というお別れの時期も近付いてきています。4年間も同じ個体を観察していると不思議なもので運命の糸を感じます。
    2Z6A7829-20240131.jpg

    撮影機材:EOS R6、EF100-400mm F4.5-5.6L IS II USM+EF1.4×Ⅲ
    コメント

    管理人のみ閲覧できます

    このコメントは管理人のみ閲覧できます

    # | 
    2024/02/02 19:57 | edit

    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/5699-b1a2dfd7
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top