コハクチョウ一家など 長浜市にて - 花・鳥は友/湖国の自然
    fc2ブログ

    花・鳥は友/湖国の自然

    身近な自然を中心に撮影記録しています

    コハクチョウ一家など 長浜市にて  

     令和6年(2024年)2月15日撮影。
     コハクチョウも目に見えて数が減ってきています。2月は北帰のシーズンですからボツボツと北を目指して旅立っているようです。心に穴が空いたような一抹の寂しさを感じながらのコハクチョウ観察となっています。出来たら最後にC12とお別れの挨拶と思って探してみていますが、既に旅立っているようです。出会いは別れの始まり、と言われますが現実に別れが確定すると言葉通りに割り切れるものではありません。コウノトリでも良く知っている個体の複数が虹の橋を渡っていますが、まだ其処にいるように思えることが度々です。この場合はいくら探しても出会えませんが、C12は今年の冬に5年連続飛来してくれることを楽しみに待っています。

     一家団らんのコハクチョウ一家。


     あちらこちらでコハクチョウ一家が見られます。
    2Z6A9310-20240215.jpg

     採餌している時も幼鳥は親鳥のそばです。
    2Z6A9273-20240215.jpg

     北帰前には泥パックのコハクチョウが多く見られるような気がしています。
    2Z6A9293-20240215.jpg

     泥パックはコハクチョウだけではなく福井のハクガンも同じようになっていました。
    2Z6A9286-20240215.jpg
    コメント
    コメントの投稿
    Secret

    トラックバック

    トラックバックURL
    →http://mimomaron.blog.fc2.com/tb.php/5715-ab091bcf
    この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

    ▲Page top