コウノトリ - 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    この日もJ0172ほか 長浜市にて  

     平成30年9月16日撮影。
     この日も前日に引き続きJ0172の姿を確認することが出来ました。ほぼ前日同じ場所で羽繕いをしながらゆっくりと過ごしていました。何時もの場所では電柱に留まっているコウノトリが多く、時間の関係か全員の確認は出来ませんでした。

     直ぐ近くで農作業をされている方がおられましたがJ0172は全く気にせず休憩タイムを楽しんでいるようでした。
    CF1A1067 20180916J0172

     農道をグルッと回って別位置からの撮影。J0172の清楚な姿が素敵です。
    CF1A1085 20180916J0172

     何時もの場所でJ0188。
    CF1A1118 20180916J0188

     続いてJ0196。
    CF1A1170 20180916J0196

     そしてJ0167。足環がJ0172と良く似ていますので、早合点せずに確実に確認するようにしています。
    CF1A1188 20180916J0167

     最後に戸島生まれのJ0195が飛んできて電柱に留まりました。
    CF1A1274 20180916J0195

     ドジョウ捕りがとても上手なJ0195。何時も泥まみれなのはドジョウのおかげのようです。
    CF1A1296 20180916J0195

    コウノトリJ0172お久しぶり 長浜市にて  

     平成30年9月15日撮影。
     この日は朝から雨。畑作業の忙しい時期ですが、出来ないので散髪へ。散髪が終わるとコウノトリへ直行し、先ずJ0195など4羽を観察しましたが、例のごとくバラバラに点在しており、雨と言うことで気掛かりであったJ0172の所に行ってみました。みんなの所から北へ数㎞のところがJ0172のお住まいです。場所は彦根市のA氏から聞いていた場所で元気に採餌していました。この日の観察コウノトリは「コウノトリ市民科学」に入力は済んでいますので、具体の場所等についてはそちらをご覧いただければと思っています。

     台風21号の前に高月町で観察した7羽の中に入っていたJ0172。台風を心配してJ0172のもとにみんなが集まってきたようにも思えます。みんなから離れて過ごすJ0172。
    CF1A0659 20180915J0172

     ここでもメインの食材はイナゴのようです。
    CF1A0688 20180915J0172

     場所は良く通る国道の直ぐそばの田んぼです。他のコウノトリ同様愛嬌タップリのうら若い女の子です。今日(9月16日)はほぼ同じところで休息タイムでした。17日は、越前市のコウノトリの放鳥式典会場へ出向く予定をしています。
    CF1A0717 20180915J0172

    雨の日のコウノトリ 長浜市にて  

     平成30年9月14日撮影。
     この日も雨降りでしたが所用のついでを有効活用して午前と午後にコウノトリ観察に出向きました。この点、近所ですので観察は大助かりです。観察の目的は何といっても全員(8羽)の確認ですが、この日もJ0172だけは確認は出来ませんでした。しかし、彦根市のA市から耳寄りの情報を頂きましたので改めてその辺りを観察しようと思っています。コウノトリの幼鳥は全員仲が良いのですが、午前と午後では相手を変えての行動がありました。面白いと思いましたので載せさせて頂きます。

     早朝のJ0193とJ0195。手前がJ0193で良くJ0167やJ0178の若鳥と行動していますが、この日は幼鳥同士が一緒でした。
    CF1A9688 20180914J0196J0195

     午後からも覗いてみると、今度はJ0195とJ0196が仲良く採餌していました。幼鳥が4羽一緒のこともあれば、お互い相手を変えて行動しているなど色々です。そうすることでお互いの絆が強まるのかも知れませんね。とにかく全員仲がよろしいです。
    CF1A0130 20180914J0196J0195

    コウノトリ幼鳥4羽がおそろいで 長浜市にて  

     平成30年9月13日撮影。
     この日は久しぶりの晴れで、コウノトリも7羽を観察することができました。本来は8羽が長浜市に滞在していますが、J0172を目撃されている方はおられるものの、私は観察時間帯の関係か最近は確認できていません。更に、最近は分散していることもあり全員の確認は難しくもなっています。この日は、今年生まれの幼鳥4羽がおそろいで採餌している光景が見られました。

     左からJ0196、J0195、J0188、J0193の幼鳥ばかりでした。若鳥3羽はかなり離れたところにいましたので、幼鳥たちが仲良くピクニックに来ているような微笑ましい、珍しい光景でした。幼鳥同士上手く気が合うものなのですね。
    CF1A9382 20180913

    J0188が戻りコウノトリが7羽に 長浜市にて  

     平成30年9月11日撮影。
     久しぶりの晴れの日で、朝はひんやりと秋を感じました。春からコウノトリ観察をして早いもので秋となりました。すっかりお馴染みのコウノトリたちは、愛嬌を振りまいてくれることもあります。この日、戻ってきたJ0188が以前と同じく早速愛嬌を披露してくれました。観察していると農道まで出て来てくれるコウノトリはいるのですが、J0188は車を先導してくれます。

     車のすぐ前をゆっくり歩くJ0188。その前を歩くJ0195。
    CF1A8560 20180911J0188

     農道のT字路のJ0188と左はJ0195。
    CF1A8602 20180911J0196

     私は左に曲がることが多いので「こちらに行くの」という感じで左方向を見ているJ0188。
    CF1A8625 20180911J0188

     ゆっくり、ゆっくりと先導し、停車するとこちらを振り向くJ0188。前進すると先導開始。こんなことが時々あります。
    CF1A8637 20180911J0188

     こちらはJ0196(はるかちゃん)。この子も車を見付けると田んぼで採餌していても農道まで出て来てくれます。観察時に2回も同じことをしてくれましたので完全に憶えてくれているようです。
    CF1A8330 20180911J0196

     田んぼに戻るJ0196。
    CF1A8336 20180911J096

     至近距離でのJ0188。翼の模様に特徴があります。
    CF1A8495 20180911J0188

     J0195もすっかり綺麗になって泥んこチャンピオンを返上していました。
    CF1A8543 20180611J0195

     イナゴ捕りに夢中のJ0193。7羽の内幼鳥が4羽で、その元気な行動は見ていて微笑ましいです。
    CF1A8300 20180911J0193

    ▲Page top