- 湖北の自然/野鳥撮影記
    FC2ブログ

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    タゲリ、見納めでした 長浜市にて  

     令和2年(2020年)3月9日撮影。
     コハクチョウを1番に撮った後、湖岸や田んぼを回りながら帰宅するのが効率的ですので何時もそのようにしています。思いがけない鳥たちとの出会いは大抵そのようなついでの時が殆どです。植物と違って鳥たちは移動するので撮影できたのは偶然の賜物です。だからこそ野鳥撮影は面白いのかも知れません。この日は、私の都合もありコハクチョウもタゲリも見納めとなってしまいました。

     もういないと思っていたタゲリがいました。不思議そうに此方を見て首をかしげているタゲリ。「何しているの?」と言っている感じ。
    CF1A6411_1 20200309

     綺麗な羽衣はたぐいまれな美しさ。冬場には是非とも観察したい鳥です。
    CF1A6455_1 20200309

     自然界の色は言葉では言い表せない美しさです。鳥も昆虫も花もそうです。例え見た目の美しさはなくとも、不思議さだけはあり、そのメカニズムには自然の美しさを感じます。
    CF1A6484_1 20200309

     同じような画像ですが、もうこれが今シーズン最後の画像かと思えば画僧の大量生産となってしまいました。
    CF1A6488_1 20200309

     常々感じるのですが、この様に稲の切り株や草の中にいる野鳥は撮り易いようで案外難しいです。理由は、切り株にピントをとられ微妙なピンボケが数多く出ます。
    CF1A6492_1 20200309

     採餌するタゲリ。個体によって色、輝きなどの違いがあるのも面白いです。
    CF1A6505_1 20200309

     今シーズンは遠いところにいるタゲリが多く、かなり撮ってはいますが殆どボツにしています。最後は適当な距離で撮らせてくれました。
    CF1A6515_1 20200309

    コハクチョウ一家の北帰 長浜市にて  

     令和2年(2020年)3月9日撮影。
     これから先の日は予定があり北帰には立ち会えないのでこの日見納めのコハクチョウ観察となりました。どうでも良いときは北帰のV字型飛行が見られるのに、見たいときには見られない北帰。ということでこの日は一発勝負でした。多くのコハクチョウが田んぼの餌場を目指して飛び立ち、今日もダメかと思ってガッカリで琵琶湖を眺めていると一グループが田んぼではなく北方向を目指して飛び立ちました。北帰・・・、と思って眺めているとセンター方向に方向を変えて飛んでくるようです。

     田んぼは左方向で、北は右方向。このグループだけがみんなと反対方向に飛びました。
    CF1A5762_1 20200309

     ぐんぐん湖岸を目指しています。
    CF1A5781_1 20200309

     センター前を大きく旋回です。慣れ親しんだ所を改めて脳裏に刻んでいるようです。
    CF1A5795_1 20200309

     ヤナギ島の木々を回って・・・。
    CF1A5799_1 20200309

     一家は私の真上を通過。その時、ひときわ大きな鳴声で「コオーッ!!(See you again!!)」と挨拶してセンターの屋根を越えました。何年も何年も観察していると誰だか憶えているようで、わざわざ真上を通過してくれました。・・・・・。
    CF1A5804_1 20200309

     目ではお別れを見送ったのですが、レンズは手前の屋根などにピントをとられてしまいました。石川の集落の上を飛ぶコハクチョウ一家。大抵は地元集落を旋回しお礼の挨拶をしながら北を目指します。秋の飛来は嬉しいですが、北帰は寂しいです。今頃どうしているのかな。
    CF1A5810_1 2020309

    庭のツクシなど 自宅にて  

     2020年(令和2年)3月8日撮影。
     この日は梅の花に来たメジロを撮っただけでも春を感じましたが、周りの植物も春の到来を告げていました。この時分は春とは名ばかりで寒い日が多いですが、日照時間は明らかに増えており自然界はそれを確実に察知しているように思えます。私たちは日の出、日没時刻の変化は分かりますが、春の到来などは植物の状況を見て分かるようにも思えます。

     庭のある箇所に毎年ツクシが出て来ます。見付けたときは童心にかえったように嬉しく思います。
    IMG_8384 20200308

     スイセンも咲き出しました。ツルも太くなく誘引し易いです。
    IMG_8381 20200308

     ヒマラヤユキノシタも咲いています。寒くて凍て付くような所に植えていますが寒さには強い植物です。
    IMG_8388 20200308

     ツルバラのロココも新芽が出ています。
    IMG_8386 20200308

     こちらはすこぶる強健なツルバラの新雪。太くて強剪定はノコギリが必要で、誘引もなかなか言うことを聞いてくれなくて、毎年強剪定の時期には気を付けてはいますがトゲで怪我をします。
    IMG_8392 20200308

     鉢植えのバラですが、未だ寒くてなかなか蕾が膨らんでくれません。
    IMG_8406 20200308

     サンルームの君子蘭。寒さには弱いですがサンルームで元気に冬を越し、奇麗な花を咲かせてくれます。今季の冬は暖かかったので葉の傷みはありませんでした。
    IMG_8398 20200308

    コハクチョウ、北帰せずに田んぼに 長浜市にて  

     2020年(令和2年)3月8日撮影。
     この日の朝早くには小雨が降っていましたが、コハクチョウの北帰は何時飛び立つか分からないので湖岸に出向くと既にびわ湖はガラ~ンとしており、一瞬北帰してしまったのかと思いましたが念のため田んぼに行ってみると、たくさんのコハクチョウがいるではありませんか。拍子抜けするやら、ホッとするやらでした。

     こちらの心配をよそに無邪気なコハクチョウたち。
    CF1A5118_1 20200308

     隣の麦畑の方がコハクチョウたちに人気があるようです。
    CF1A5142_1 20200308

     緑の絨毯で寛いでいるのかと思って見ていると・・・。
    CF1A5145_1 20200308

     こちらもコハクチョウの行動に注目していると、コハクチョウ一家もこちらを注目していました。
    CF1A5155_1 20200308

     昨年生まれた幼鳥も湖北で元気に過ごしていました。麦を良く見てみると葉っぱが軒並み食べられています。
    CF1A5162_1 20200308

     みんなで食べているのは麦の葉です。田んぼに掘られた溝が水飲み場となっています。
    CF1A5167_1 20200308

     コハクチョウ一家もお腹いっぱい食べて北帰の体力を養っています。コハクチョウに食べられても麦は立派に育ち穂を出します。農家もネットを張ったりしておらず、コハクチョウにとってまさに天国です。
    CF1A5171_1 20200308

    梅にメジロ 自宅にて その2  

     2020年(令和2年)3月8日撮影。
     その1からの続きです。チョコマカと忙しなく花から花へと動き回るメジロ。手持ちで撮っていますので重くて時々休憩しながらの撮影となりました。休憩と言うより撮っているときは集中していますので無呼吸状態のため大きく呼吸するための撮影中断と言った方が良いのかも。逆光気味で苦労して撮っているのに気付き、順光側からも撮ってみました。

     考えてみれば順光側からはフェンスにレンズを載せて撮ることが出来てとても楽でした。
    CF1A5365_1 20200308

     メジロは花がお似合いです。オオルリの頃、新緑の枝を動き回るのを良く見掛けますがしっきシックリしない光景です。
    CF1A5375_1 20200308

     花びらにつかまるメジロ。軽いのですね。
    CF1A5378_1 20200308

     梅の花は香りも良いし、蜜の味も格別なのかも知れません。
    CF1A5381_1_2 20200308

     バードレストラン。今や約30羽が早朝から食事を待っています。外にこぼしても全員で芝生の上を掃除しています。2羽が特に懐いており、その内の1羽は相変わらず玄関灯に泊に来る日が多いです。
    IMG_8362 20200308

    ▲Page top