- 湖北の自然/野鳥撮影記

    湖北の自然/野鳥撮影記

    身近な野鳥を中心に撮影記録しています

    カイツブリのヒナ ビオトープ近くの川にて  

     平成29年7月16日撮影。
     この日は久しぶりにカンムリカイツブリの可愛らしいヒナを見ることができました。カイツブリのヒナも見ることが出来ることを期待して探してみました。今季は親鳥の背中に乗っているヒナの姿は未だ観察すら出来ていません。ヒナの姿が見られる場所は3カ所ほどありますが、一番可能性の高い川に行ってみました。期待に反して、泳ぐのもスイスイ、潜るのも一人前のヒナばかりでした。

     ヒナがいる気配がしましたので、草陰で待っているとポコッと浮いてきたヒナ。
    CF1A8264 20170716

     草陰では上手く撮れないので、反対側の岸に回ってみました。複数のヒナが見られましたが、このヒナは陰でお休み中です。
    CF1A8239 20170716

     ヒナたちはある程度大きくなると、勝手に遊んだりしているようで親鳥も子育ての忙しさから解放されているようですが、鋭い目つきでヒナたちを見守っています。
    CF1A8256 20170716

    カンムリカイツブリのヒナ 河口付近にて  

     平成29年7月16日撮影。
     いつもの川沿いを走行して河口近くに差し掛かるとカンムリカイツブリのペアを発見。特に珍しい光景でもありませんので、そのまま見過ごそうかと思っていましたが、親鳥の背中が膨らんでいるのに気付き停車して暫く観察していました。暫くすると、期待通りに親鳥の背中からヒナの顔がヒョッコリ現れました。今季3度目のヒナを観察、撮影することが出来ました。

     何か貰えると思ったのでしょうか。首を伸ばすヒナ。
    CF1A8100 20170716

     背中から降りて泳ぎだしたヒナ。親鳥の背中は膨らんだままですので、もう1羽くらいヒナがいそうです。
    CF1A8117 20170716

     ヒナが泳いだのは少しの間だけ。直ぐに親鳥に近付き背中に乗ろうとしています。生まれて間もないヒナが泳いでいる姿を撮ったのは、今季としては初めてです。
    CF1A8122 20170716

     背中に潜り込もうとよじ登るヒナ。
    CF1A8133 20170716

     アッという間に潜り込み、背中から顔を出したヒナ。背中が一番落ち着くようです。
    CF1A8143 20170716

     親鳥がヒナに餌を与えているのかと思ってシャッターを押しましたが・・・。
    CF1A8153 20170716

     餌ではなく、羽でした。羽でヒナをあやしているようです。親鳥と遊ぶヒナの姿も可愛らしいですね。掲載日現在でも抱卵中のカンムリカイツブリの姿があります。チャンスがあればヒナの姿が見られるかも知れませんね。
    CF1A8166 20170716

    ヒオウギ 自宅にて  

     平成29年7月11日撮影。
     7月の京都は祇園祭で賑わいます。このシーズンになると必ず咲く花があります。アヤメ科のヒオウギで、7月初旬から咲き始め生け花にも使われます。このヒオウギは、祇園祭には欠かせない花で、京都の各家庭では祇園祭の時に生ける習慣があります。

     ヒオウギが咲き始めると、「もうすぐ祇園祭」と思いながら眺めています。7月の暑い時期にヒオウギは爽やかさを与えてくれますので、好きな花の一つです。
    IMG_2439 20170711

    モリアオガエルのオタマジャクシ 自宅にて  

     平成29年7月10日撮影。
     自宅敷地内で2個のモリアオガエルの卵塊を7月1日に発見。畑の水やり用の桶などではうまく育ちませんので、水槽にネットをはり車庫で育てることにしました。大雨でも溢れることはなく、サギ類からも守ることができます。約1週間で卵はオタマジャクシになり、今も元気にすくすく育っています。

     オタマジャクシは暫くは泡巣を食べます。泡巣は産み付けられた卵を乾燥などから守り、オタマジャクシになると食べ物となります。親ガエルからの愛情のこもった子供たちへのプレゼントで、これを食べさせると今までの経験から元気で成長も早いようです。掲載日現在では、後ろ足が出ている個体もおります。水は親ガエルも育った湧き水で天然水です。
    IMG_2437 20170710

    コウノトリ(J0481&J0041) 越前市にて  

     平成29年7月8日撮影。
     この日早めの時間に現地に到着したのは、コウノトリの幼鳥とJ00481を撮るためでした。白山地区にある第一ゲージには以前のように葦簀が掛けられておらず、車道から幼鳥を容易に確認することが出来ました。先ず幼鳥2羽を撮った後、お目当てのJ0481を探すと巣にも田んぼにも見当たりません。時間があるので付近を探して見ようかと思って、何気なしにケージを眺めていると、何とケージすぐ横の2本のポールにJ0481とJ0041が留まっているではありませんか。一カ所で目的のコウノトリを全て観察することができたのはラッキーでした。

     ポールの天辺に留まるJ0481。このコウノトリは長浜市にもよく飛来し、近江塩津、姉川、高時川、草野川、西池などでも観察しているお馴染みのコウノトリです。このJ0481はコアユやビワマスが大好物でしたが、ここではそれ以上に大切なJ0041と一緒に過ごしています。
    CF1A7834 20170708

     もう一方のポールにはJ0481のお嫁さんのJ0041が留まっていました。
    CF1A7799 20170708

     ケージ付近の湿地には地元産のドジョウを養殖して放流されているようです。採餌するJ0481。
    CF1A7860 20170708

     採餌後はケージ側で休息のJ0481とJ0041のペア。
    CF1A7981 20170708

     何とも仲のよい微笑ましい姿も見せてくれました。この春は卵を孵すことが出来ませんでしたが、来年を期待しています。
    CF1A8029 20170708

     越前市はネムノキが多く、花が美しく見頃でした。撮影後、PR館を訪れて見学後車中で昼食を済ませ、コウノトリ市民交流会の会場へと向かいました。
    CF1A8042 20170708

    ▲Page top